注目の記事 PICK UP!

映画『テケテケ』ネタバレ・あらすじ・感想。

市伝説が元ネタになっている白石晃士監督の『テケテケ』を観たのだ。

『テケテケ』
残虐な殺し方も面白い。
恐怖とユーモアが織り交ざった「テケテケ」。
監督:白石晃士
出演:大島優子山崎真実
 

Amazon Prime Video

 

解説

 
下半身のない女性の霊“テケテケ”に命を狙われるという都市伝説を映画化した衝撃のホラーを、『オカルト』などの鬼才・白石晃士監督が描く。

主演はAKB48の大島優子、勇気あるヒロインを体当たりで演じている。

共演は『少林少女』の山崎真実。

映像化が難しいと言われてきた驚異の妖怪“テケテケ”の造形は一見の価値あり!

2009年製作/72分/日本
配給:アートポート

 

あらすじ

 
ある日、可奈(大島優子)のクラスメートの綾花が下半身のない死体で発見される。

学校でも下半身のない女性が相手の足を奪う“テケテケ”の話題で持ち切りになるのだが、可奈も一度は襲われてしまうのだった。

しかし奇跡的に逃げ切ることができた。

彼女が図書館で調べものをしていると、大学で心理学を専攻して、都市伝説の卒論を書いている理絵(山崎真実)と話が弾み・・・。

 

感想

 
都市伝説である「テケテケ」を題材にした映画なのだが、「怖い」というよりも娯楽作品として面白かった。

下半身がない女性は二本の腕のみで歩いているのだから、その迫りくる恐怖は計り知れない。

物語もシンプルであることが非常にわかりやすくてイイ。

テケテケによる殺し方も残虐であるがゆえに、呆気にとられる感じで、太刀打ちできない。

現場を目撃した女子高生は一生のトラウマである。

とてつもなく怖い存在の「テケテケ」が迫ってくる時の音が、「テケテケ」という音を立てているというところが恐ろしくもありユーモアでもある。

都市伝説というもの自体が、「怖い」というものと「ユーモア」を兼ね揃えているので、バラエティーでも「都市伝説」だけでスペシャル番組が企画されて人気を博しているのだ。

都市伝説は信じられない話ではあるが、「実際に起きたことのように」今日まで、僕たちに語り継がれているのだ。

遠い話であった「都市伝説」が、もしも自分の身近で起こり始めたら、その恐怖は絶大のものである。

しかも、遂に自分自身にまで迫ってくるのだから。

そんな都市伝説を映像化するのだから、やはり興味をそそられるのだ。

都市伝説を題材にしたシンプルでありながらも、恐怖とユーモアを織り交ぜた作品は面白かった、といったところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『フェイス/オフ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『無双の鉄拳』ネタバレ・あらすじ・感想。ゴリラが大暴れ!

  3. 映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 最近観た映画4本。借りぐらしのロリータ。

  5. 映画『ハロウィン』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『壁男』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『刑事物語』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 最近観た映画4本。『いぬやしき』『タクシー運転手』他

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP