注目の記事 PICK UP!

映画『ゴジラVSビオランテ』ネタバレ・あらすじ・感想。

去作から、クオリティーが格段に上がった『ゴジラVSビオランテ』を観た。

『ゴジラVSビオランテ』
見事なクオリティー。
植物を怪獣にした素晴らしき発想。
監督:大森一樹
出演:三田村邦彦, 田中好子, 高嶋政伸, 小高恵美, 峰岸徹
 

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
「ゴジラ」シリーズ初監督である大森一樹が映画化したシリーズ第17作。

あらすじ

 
1984年、ゴジラによる新宿副都心の大破壊から5年。ゴジラ細胞(G細胞)を密かに盗み出した者がいた。

核兵器を無力化して世界の軍事バランスをも左右する抗核バクテリアを作り出せるゴジラ細胞(G細胞)を巡る争奪戦が繰り広げられている。

遺伝子工学の権威・白神博士は、亡くなった娘の細胞を密かにバラの花に融合していた。

娘の細胞を生かすためにG細胞をバラの種子に組み込んだところ、巨大怪獣化しビオランテが誕生。

そして、遂に三原山で目覚めたゴジラとの闘いが始まるのだった・・・。

 

感想

 
前作が1984年だったが、5年を経ての1989年に公開された本作は急激に作品のクオリティーが上がった。

ビオランテという植物の怪獣というのも斬新な発想だし、そのビジュアルもかなりインパクトがありカッコイイ。

ゴジラという映画が、かなりカッコ良くなった印象。

前作で、どヘタな演技をしていた沢口靖子さんが本作でも登場した時はビビッた。

「え?不評じゃなかったの?」前作が好評だったから再度登場したに違いない。

でもオープニングですぐに死んでくれたので、登場も少なく助かった。あのヘタな演技を延々見せられたら苦しい。

製作サイドが何故起用したのかは不明だが。

非常に怪しい華奢で強そうでも怖そうでもない外国人も出てきたり、キャスティングはイマイチであったが怪獣の描写はすこぶる良かった。

銃撃戦もイマイチだったが、それはそれで怪獣映画の娯楽作品の中で楽しめるひとつであった。

本作は子供向けのゴジラとは違いゴジラを「G」と呼称していて、「特殊災害」としてのゴジラであり、4段階の警戒体制が設けられているのだ。

今までの「ゴジラ」シリーズと違った演出で、ゴジラの恐怖を描いている。

それは後の『シン・ゴジラ』に繋がっていくのだが。

そして精悍な顔をした高嶋政伸が出演しているが、非常にカッコイイではないか。

『ゴジラVSビオランテ』はもう一度観たくなるほど良く出来た映画なのだ、といったところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『ペーパームーン』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 最近観た映画4本。『赤ちゃん泥棒』『座頭市と用心棒』他

  5. 甲南劇場で『マジカル・セックス 淫ら姫の冒険』を観てきたのだ!

  6. 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『ゴッドファーザーPARTII』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 『アリータ:バトル・エンジェル』『アクアマン』を観たのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP