注目の記事 PICK UP!

映画『バブル』ネタバレ・あらすじ・感想。

5月の13日より公開だが、4月28日からNetflixで先行公開されている『バブル』を観たのだ。

『バブル』
映像美やアクションは見どころ。
物語は薄っぺらく感情移入も出来ない。
監督:荒木哲郎
出演:志尊淳,りりあ。,宮野真守

Netflix

 

予告編

 

 

解説

 
TVアニメ『進撃の巨人』の荒木哲郎監督とWIT STUDIOが再タッグを組み、第72回ベルリン国際映画祭へ正式出品された劇場用アニメ。

 

降り注ぐ“バブル”によって、重力が壊れた東京で出会う少年少女の物語を描いた。

脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄、キャラクターデザイン原案を『DEATH NOTE』の漫画家・小畑健、音楽を『プロメア』の澤野弘之が担当。

主人公ヒビキの声を志尊淳、バブルを調査する科学者マコトの声を広瀬アリスが務めた。

 

2022年製作/100分/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画

 

あらすじ

 
世界に降り注いだ“バブル”によって重力が壊れた東京は、ライフラインが閉ざされ家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。

渋谷を拠点とするブルーブレイズのエースであるヒビキは、危険なプレイスタイルで注目を集めていたが、ある日、無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまった。

そこに突如現れた、不思議な力を持つ少女ウタがヒビキの命を救い、二人の出会いが世界を変える真実へとつながる。

 

感想

 
映像美や重力が壊れた世界でのパルクールの躍動感、ちょいとオシャレな世界観、アニメのクオリティーは高いとは思うが、物語的には薄っぺらく、ヒビキにもウタのキャラクターもよくわからず感情移入も出来ない。

「泡にまみれた東京でパルクールを楽しむ若者たち」という設定と、謎の少女ウタ、人魚姫の物語を掛け合わせたことのアイデアは素晴らしいとは思うのだが、何故、心を動かされることがなかったのだろうか?

「水中に沈んだ電車にプリントされた広告の女の子」に、不可思議な泡が「女の子のカタチ」に変化してウタが誕生したと思われるが、列車にプリントされていたのがオジサンだったら、泡はオジサンに変化していたのだろうか?

オジサンになったウタがヒビキと口づけを交わしていたら、物語は大きく変わっていたが、そもそも可愛い女の子に姿を変えたこと自体が受け入れがたい。

オジサンがパルクールで活躍したとしても、ヒビキはオジサンに惚れないだろう。

電車の広告が可愛い女の子であったことに、設定のズルさを感じてしまったのは否めない。

パルクールのアクションや映像は凄いとは思うが、バトルの勝敗に全然熱くなれない。観ていて何が何だかよくワカラナイのが正直な感想。

バトル中に落下するヤツがいるけども、死んじゃったの?生きているの?

バブルでのバトル、バブルバトルのルールが全然理解出来ない。

ウタの存在がなくなっても悲しくならないし(元々が泡だから)、よくワカラナイ世界観に放り込まれて「感動しろ」みたいなアピールをされても、「え?泡に??」と思ってしまい、涙腺のバルブが閉まっているのでバブルでは泣けず、バジルを食べながら噓泣きをしてみてもバレルだろう。

良さげな雰囲気だけを醸し出した、中身のない泡のような作品である。

映像を楽しむ分には問題ないが、物語で心が動く程の作品ではなかった、といったところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 『ゴッホ 最期の手紙』『ファイティン!』を観たのだ。

  2. 映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. ドラマ『元彼の遺言状』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 北村龍平監督最新作『ダウンレンジ』を観てきたのだ。

  5. 映画『Ribbon』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『花とアリス』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『ファニーゲーム』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP