注目の記事 PICK UP!

短編ホラー『化化 乂 – BAKEBAKE GAI – 』 一人で撮影した自主映画

「化化」シリーズだ。

化化 乂 – BAKEBAKE GAI –

 
前作の「卍」では化化と退治しに来た男の一騎打ちを描いたが、本作の「乂」では、バケモノ退治を[術]を使って退治する男との対決である。

言うならば、陰陽師みたいなヤツが、バケモノ退治に来たのである。

こうなってくると、「化化」シリーズも日常感というものがなくなってきた。

当初は、日常の中の生活に訪れるバケモノとして描いていたが、シリーズ化をしていくにあたり、その物語では描くネタが枯渇してしまう。

だから「卍」では、バケモノ退治をしに来た男との対決を描いた。

そして本作では、どう描くか?を考えた時に、陰陽師的な術を使った者との対決の物語が浮かんだのである。

その者が、どれだけの術を使えるのか?オープニングでは化化と異なる別のタイプのバケモノを登場させて、陰陽師と対決するところを描くことにした。

バケモノ退治をする者の術の凄さが、次は化化へと向けられるのである。

今回、対決のロケ地も思案した。

当初は「湖のほとり」での対決を考えていたが、撮影の二日前あたりに「滝」が浮かんだのである。

「滝」の前で、向かい合う化化と陰陽師。

なかなかイイ画(え)である。

その風景を見せることも、映画の映像体験を感じるのに都合のイイ、シチュエーションなのだ。

とは言っても、全編グリーンバックでの撮影であるから、背景と人物を合成していく手間暇はなかなか大変であった。

今回は登場人物も多かった。

メインとなるのは化化と陰陽師。そして、オープニングに登場するバケモノ。湖のほとりでイチャイチャしている男女のカップル。

なんと一人五役ものの人物を演じているのだが、その内の二役はバケモノで、一役は女性という、自分のバカさが大いに溢れ出ている作品なのである。

前作の「卍」は比較的にラクな撮影と編集であったが、本作の「乂」は手間暇がかかり、たった数分の映画ではあるが、いつもよりは少々時間がかかってしまった。

さて、「化化」シリーズも今後どのように展開していくのであろうか。

もう対決していく展開も難しい。

なんせ一人で演じるわけだから、その制限の中で発想をしていかなければいけない。

まぁ、そんなに長くは続かないシリーズであろう。

何か思いついた時に、また次作の物語を撮ろう。

ということで、『化化 乂 – BAKEBAKE GAI – 』をご覧下さいませ。

 

『化化 乂 – BAKEBAKE GAI – 』

上映時間5分

関連記事

  1. 短編ホラー『化化 -BAKEBAKE-』一人で撮影した自主映画

  2. 短編映画『地獄カタルシス』一人で撮影した自主映画

  3. 新作映画『BURST バースト』ロケハン&打合せ

  4. 『マック』

  5. 短編映画『ん』一人で撮影した自主映画

  6. 短編映画『DARK ROOM』一人で撮影した自主映画

  7. 『プライベートニュース』一人自主映画

  8. 『シリアス – 15年目の真実 -』一人自主映画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP