注目の記事 PICK UP!

映画『フォードvsフェラーリ』ネタバレ・あらすじ・感想。

んだか評判がイイ作品ということで、『フォードvsフェラーリ』を観た。

『フォードvsフェラーリ』
懐かしき匂いのする友情物語。
フェラーリに立ち向かう人間ドラマがある。
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:マット・デイモン, クリスチャン・ベール, ジョン・バーンサル, カトリーナ・バルフ, トレイシー・レッツ

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
1966年、ル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いた。

マット・デイモンとクリスチャン・ベールが初共演でダブル主演。

LOGAN ローガン』『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道のジェームズ・マンゴールドが監督。

第92回アカデミー賞で作品賞を含む4部門でノミネート。

編集賞、音響編集賞の2部門を受賞。

2019年製作/153分/G/アメリカ
原題:Ford v. Ferrari
配給:ディズニー

 

あらすじ

 
フォード・モーター社からル・マン24時間耐久レースでの勝利という使命を受けた元レーサーのカーデザイナー、キャロル・シェルビーは、型破りな英国人レーサー、マイルズの才能に目をつける。

限られた予算と時間の中で力を合わせた二人は、常勝軍団のフェラーリとの闘いに挑むのであった。

 

感想

 
2019年に製作された映画であり2020年の1月に公開された映画で、1966年を舞台に車を通して描かれた人間ドラマではあるが、かなり「現代っぽくない」質感の映画であった。

男たちの熱い夢がそこにはあり、泥臭い汗と友情にまみれて、「速く走る」ことに命を懸けた物語である。

まるで漫画を読んでいるかのような登場人物と、その言動の全ては、イイ意味で映画を熱くさせる。

特に僕自身は車ウンヌンに興味はない。

ただフェラーリという絶対的王者に立ち向かっていくドラマは嫌いではない。

ラスト、3台揃ってゴールをするという提案を仕掛けられて、1位を独占していた主人公も、まるで「運動会のかけっこは順位を決めないで全員でゴール」という気持ち悪い形式の中で感動シーンを呼び込むはずであったが、キタナイ大人の利権と事情が絡んでいて、車で全員撥ね飛ばしてやろうか、と思った。

そこはそこで、この映画のカタルシスがあるので問題はないのだが(そもそも実話だし)、クリスチャン・ベールが事故で死んでしまうくだりは好きではない。

「死」を感動に持ってくる描き方は好きではない。

僕にとっては非常にセコい手段なのだ。

愛する人が死んでしまう、それで感動を呼び込もうなんて、こざかしい。

ただ実話であるから仕方ないし、感動のお涙頂戴シーンにはせずに、あっさりと描写していたことは好感が持てる。

『フォードvsフェラーリ』、車には興味はないが、男たちの汗と友情、そこに付随する人間ドラマは面白い!ってなところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『ゴジラ対メカゴジラ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 『ズートピア』『花とアリス殺人事件』を観たのだ。

  3. 北村龍平監督最新作『ダウンレンジ』を観てきたのだ。

  4. 映画『レザーフェイス‐悪魔のいけにえ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 最近観た映画4本。借りぐらしのロリータ。

  6. 映画『ハッピー・デス・デイ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 最近観た映画4本。『ケンとカズ』が良かった。

  8. 最近観た映画4本。『いぬやしき』『タクシー運転手』他

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP