注目の記事 PICK UP!

映画『無双の鉄拳』ネタバレ・あらすじ・感想。ゴリラが大暴れ!

・ドンソクが大暴れする映画は、なんて痛快で面白いのだろうか。

本作も、まるでゴリラと見分けがつかないぐらいに人を投げ飛ばして、ぶん殴った。

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

『無双の鉄拳』
ゴリラの鉄拳炸裂!!
面白いよ、マ・ドンソク!!

監督:キム・ミンホ
出演:マ・ドンソクソン・ジヒョキム・ソンオ

Amazonで探す

Amazon Prime Videoで観る

予告編

 

解説


新感染 ファイナル・エクスプレス』『犯罪都市』のマ・ドンソクが、誘拐された妻を奪還しようとする夫を演じたアクション。

愛する妻であるジスと穏やかに暮らすドンチョルは、かつては一度キレたら最後「雄牛」の異名で恐れられて、誰にも止めることできない。

『コードネーム:ジャッカル』のソン・ジヒョが妻を演じて、『少女は悪魔を待ちわびて』のキム・ソンオが不気味な誘拐犯を演じたほか、キム・ミンジェ、パク・ジファンらが共演。

 

2018年製作/116分/G/韓国
原題:Unstoppable
配給:アルバトロス・フィルム

 

あらすじ


ドンチョル(マ・ドンソク)は、一度キレたら誰にも止められない“雄牛”という異名で恐れられた男。

現在は市場で働きながら、愛する妻ジス(ソン・ジヒョ)と慎ましやかに暮らしている。

ある晩、ジスを怒らせてしまったドンチョルは急いで自宅に戻るが、ジスの姿は無く部屋は荒らされていた。

ドンチョルの携帯に何者かから電話が入って、誘拐した事実を聞かされる。ドンチョルに身代金を要求するのではなく、逆に金を渡すからジスの事は忘れろと提案される。

誘拐犯の目的は一体何なのか。

怒りに震えるドンチョルはジスを救うために動き出した。

 

感想


う~ん、面白いよ、マ・ドンソクさん。

ゴリラ科であるマ・ドンソクが暴れ出すところから、物語は急激に面白くなる。

一度キレたら誰にも止められない“雄牛”という異名を持つマ・ドンソクであるが、僕には牛ではなくてゴリラそのものにしか見えない。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』ではゾンビを投げ飛ばして、

『犯罪都市』では警察であるマ・ドンソクが犯罪者を投げ飛ばした。

本作も痛快に悪の組織をフルボッコにする。

『犯罪都市』でも悪役が魅力的であったが、

『無双の鉄拳』での悪役のボスもまた魅力的で良かった。

対する悪役が残忍で魅力的であればあるほど、マ・ドンソクの活躍が光る。

悪の組織に乗り込んだマ・ドンソクが人を投げ飛ばして、その様子を直接見せるわけでなく、壁越しに「ドスンドスン」と壁が揺れる表現で恐怖を演出していたのが最高に素晴らしかった。

マ・ドンソクの大発明は、カンフーでもなくガンアクションでもなく、「ただのバカヂカラ」だけで相手をなぎ倒していくことにある。

面白いよ、マ・ドンソク。

益々、マ・ドンソクのことが好きになったところで、「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『GONIN』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『ゴジラ(1954)』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。またもや園子温監督作品。

  4. 最近観た映画4本。園子温監督中毒。

  5. 映画『13日の金曜日(2009)』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 『クリフハンガー』『レプリカズ』を観たのだ。

  7. 映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『蜜蜂と遠雷』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP