注目の記事 PICK UP!

映画『アナと雪の女王2』ネタバレ・あらすじ・感想。

作『アナと雪の女王』は、大好きな作品なので、続編を観てみた。

『アナと雪の女王2』
偉大過ぎる前作。
期待のハードルは超えられない。
監督:クリス・バック,ジェニファー・リー
出演:クリステン・アン・ベル,イディナ・メンゼル
 

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
世界中で社会現象を巻き起こして、日本でも歴代3位となる興行収入255億円を記録した大ヒットディズニーアニメ『アナと雪の女王』の続編。

前作に続いてエルサとアナの声をイディナ・メンゼルとクリステン・ベル。

日本語吹き替え版では松たか子と神田沙也加がそれぞれ務めた。

監督も前作同様、クリス・バックとジェニファー・リーが続投。

主題歌『イントゥ・ジ・アンノウン 心のままに』が第92回アカデミー賞の主題歌賞にノミネートされた。

2019年製作/103分/G/アメリカ
原題:Frozen II
配給:ディズニー

 

あらすじ

 
雪と氷に覆われたアレンデール王国に温かな陽光を取り戻して、深い絆で結ばれた姉エルサと妹アナ。

そして再び城門を閉じることはないと約束して、氷や雪を操る魔法の力を持つ“ありのままの自分”を受け入れたエルサと、明るいキャラクターが持ち前のアナは、仲間たちに囲まれて幸せな毎日を過ごしていたが・・・。

ある日、エルサにしか聞こえない不思議な歌声によって、姉妹は未知の世界へと導かれる。

それは、エルサの魔法の力の秘密を解き明かす冒険の始まり。

何故、エルサだけに力は与えられたのか。

姉妹は仲間のオラフやクリストフとともに、数々の試練に立ち向かっていくが、共に歩む先で明かされる姉妹の秘密とは。

 

感想

 
前作『アナと雪の女王』は、大ヒットした歌も物語も良かった。

あれだけ大ヒットすれば続編が作られて当然のことではあるが、正直、歌も物語も大きくパワーダウンしていた。

さすがに前作を超える続編を作るのは厳しい難題とは思うが、これでは超えることが出来ない。

ここは恥を忍んででも前作の大ヒット曲「レット・イット・ゴー」を、本作にも取り入れるべきだったのではないだろうか。

例えば、スタジオジブリの『となりのトトロ』のパート2が制作されたとして、「ト、トロ~、トト~ロ♩」の名曲や「あ~るこう~、あ~るこう~、わたしは元気~」の名曲を超えていくのは非常に難しい。

歌も物語も超えれないだろう。

やはり強烈なイメージを植え付けてしまった歌の印象を、打ち破っていくのは困難なのだ。

ハッキリ言って『アナと雪の女王2』で印象に残った歌はない。

むしろ「なんで、コイツ歌ってるん?」と違和感を覚えたくらいだ。

あまりにもパーフェクトに作られていた前作を、超えていこうとするのは難しい。

偉大過ぎるパート1の期待のハードルを僕の中では超えていくことが出来なかった、といったところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観てきたのだ。

  2. 最近観た映画4本。『サンゲリア』『バタリアン』他

  3. 映画『蛇イチゴ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 最近観た映画4本。『ゆきゆきて、神軍』『カリートの道』他

  5. 最近観た映画4本。『三度目の殺人』『散歩する侵略者』

  6. ドラマ『岸辺露伴は動かない』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『アウトロー』ネタバレ・あらすじ・感想。B級感が漂う映画。

  8. 映画『壁男』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP