注目の記事 PICK UP!

自主制作アニメ『昭和番長』一人で作ったショートフィルム

「昭和時代をもう一度」。

昭和、平成、令和時代を生きてきたが、どうしても昭和時代が好きなのだ。

 

昭和番長

 
テクノロジーの進化のおかげで暮らしは便利になったものの、やはり昭和が好きなのだから仕方ない。

どれだけ便利なアイテムが生活に溶け込んでみても、子供の頃に初めて家に「ビデオデッキ」が来た感動を超えることは出来ない。

VHSテープにテレビ番組を録画して楽しんでいた日々。

テープがデッキに絡まって、テープが千切れて観れなくなってしまった経験も多々ある。

早送りも巻き戻しも、今考えれば面倒臭いけれど、その「待つ時間」にワクワクしたものだ。

昭和の子供は外で遊んだ。

外を駆けずり回り、泥だらけになったものだ。

現代を生きると「スマホがないなんて考えられない」という生活スタイルに慣れてしまった。

昭和時代が好きで昭和が恋しいものの、生活スタイルを昭和に戻すことはもう出来ない。

写真だってスマホひとつでキレイな写真が撮れる。

フィルムカメラを使って写真を撮り、現像屋さんに写真現像を依頼しに行かなくてもイイのだ。

町には写真の現像屋さんやレンタルビデオ店で溢れて、公衆電話が所々に設置されてあったものだが、町の風景は変わった。

気軽に買いに行ける駄菓子屋もなくなった。

今回作ったアニメは「平成生まれの昭和番長が令和時代に大暴れする」という物語だ。

主人公の顔や格好が『夕焼け番長』と似ているのは、昭和感を彷彿させたかったからである。

『夕焼け番長』

梶原 一騎  (著), 荘司 としお (著)

Amazon

「マネしただけだろがぁっ!」とツッコミを入れられそうだが、「その通りです」と開き直って堂々としてやろう。

『夕焼け番長』の世界観を作品に投影させたかったのだ。

だから主人公は夕焼け道を歩く。

そして大いにケンカする。

現代のヤンキースタイルではない。

昭和番長はヤンキーでも不良でもない。

昭和を愛する中学二年生「時代 昭和(ときしろ あきかず)」なのだ。

昭和番長は、昭和時代の漫画を読み、昭和時代の映画を観て、昭和時代の遊びをして、昭和を謳歌する。

昭和に生まれてこなかった彼が可哀相でもあるが、昭和時代に生まれていたら「明治番長」になっていた可能性もある。

そしたら「時代 明治(ときしろ あきはる)」と名乗っていたのかもしれない。

いや彼は昭和を愛するために生まれてきた男なのだ!!

そんな昭和番長の活躍をご覧下さい。

 

『昭和番長』

上映時間5分28秒

関連記事

  1. 短編ホラー『呪い顔』一人で撮影した自主映画

  2. 短編映画『午前0時の探偵』一人で撮影した自主映画

  3. 短編映画『ブルーリユニオン』一人で撮影した自主映画

  4. 自主制作アニメ『地下室のサバト』一人で作ったショートフィルム

  5. 『青春リベンジ』

  6. 短編映画『兄弟カンフー』一人で撮影した自主映画

  7. 短編映画『ん』一人で撮影した自主映画

  8. 短編映画『最後の審判』一人で撮影した自主映画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP