注目の記事 PICK UP!

映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ネタバレ・あらすじ・感想。

場版の『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を新宿で観てきた。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
全ての“想い”の波が最高潮に達する。
見事なる感動のクライマックス!!
監督:石立太一
出演:石川由依,浪川大輔
 

 

予告編

 

 

解説

 
2018年にテレビ放送された人気アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の京都アニメーションによる完全新作劇場版。

監督は、テレビシリーズに引き続き石立太一が務める。

『進撃の巨人』シリーズの石川由依『ルパン三世 THE FIRST』の浪川大輔らが出演。

2020年製作/140分/G/日本
配給:松竹

 

あらすじ

 
幼少の頃から道具のように兵器のように兵士として育てられた、愛を知らずにいた少女ヴァイオレット・エヴァーガーデン。

彼女は心を育む機会が与えられずに感情がなく、大切な上官ギルベルト・ブーゲンビリアが残した言葉“心から、愛してる”の意味を理解することが出来ないでいた。

戦争が終息してから数年後、「自動手記人形」と呼ばれる手紙の代筆業に従事する彼女は、未だにギルベルトが生きていると信じて、彼を想い続けていた。

ある日、彼女のもとにユリスという少年から依頼の電話が入る。

時を同じくして、ヴァイオレットが働くC.H郵便社に宛先不明の一通の手紙が届く。

 

感想

 
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』にハマッてしまった僕は、劇場公開から半年たった本作が新宿で公開されていることを知り、東京へ赴いた際に新宿に立ち寄り、劇場版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を観た。

本作のポスターには「少佐」と思われる後ろ姿が。

そして映画館への入場者特典のポストカードには、やはり「少佐」の姿が!

映画を観る前にポストカードでネタバレしてくるなんて、何たることだ!!

TVアニメ版では描かれず戦死したと思われ、消息不明であったギルベルト・ブーゲンビリア少佐の姿が遂に見られるのかっ!?

不思議だ。TVアニメ版から通して、この物語を追いかけているうちに、何故だかヴァイオレットの気持ちに憑依してしまっている自分は、「少佐に会いたい」と想いを寄せてしまっているのである。

遂にヴァイオレットと少佐が会うなんて、そんなの誰でも泣けるに決まっている。

勝手に二人の間を引き裂いておいて、散々寂しさで胸を締め付けて、それでも会えなくて、どんどん盛り上げてMAXな気持ちが最高潮に達した時に、二人を引き合わすなんて、憎い演出をしやがるぜ!京都アニメーション!!

まんまとその策略にハマッてしまった僕は、もうその演出に万々歳である。

ヴァイオレットと少佐の二人だけの物語にすることなく、ユリスという少年との物語や、大佐とのシーン、そしてTVアニメ版の伝説の第10話に紐づく物語が盛り込まれている。

ひとつひとつの物語が織りなす一人一人の大事なシーンが、丁寧に描写されていることが本作の魅力である。

感情を持たなかったヴァイオレットが、手紙を代筆するという仕事を通して人の想いをつかさどった時に、溢れんばかりの感情の波が押し寄せてくるのだ。

映画館内ではすすり泣く人たちの音が聴こえたが、僕は涙することはなかった。しかし、本作の魅力に憑りつかれてしまった一人であり、この物語がここで終わってしまうのは寂しさに耐えきれない。

後から、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のファンブックと劇場版パンフレット、そして更なる続編である『ヴァイオレット・エヴァーガーデン エバー・アフター』の小説も購入した。

また二度、三度と観たくなる作品である、といったところで「カット、カット」。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン エバー・アフター』

著者:暁 佳奈
イラスト:高瀬亜貴子

Amazon

関連記事

  1. ドラマ『岸辺露伴は動かない』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 蜷川実花監督『Diner ダイナー』を観てきたのだ。

  5. 映画『スターシップ・トゥルーパーズ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 最近観た映画4本。『片腕マシンガール』が面白かった。

  8. 映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP