注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。『ボヘミアン・ラプソディ』『クリード 炎の宿敵』他

っと映画を観れた。観たい映画は山ほどあれど、なかなか時間が作れず。

最近観た4本の映画の感想を。

『ボヘミアン・ラプソディ
興行収入1000億突破の世界大ヒット!
クイーン知識なしの僕は泣けなかった。

監督:ブライアン・シンガー
出演:ラミ・マレック, ルーシー・ボーイントン, グウィリム・リー, ベン・ハーディ, ジョセフ・マッゼロ

Amazon

Amazon Prime Video

世界中で超大ヒットして興行収入が1000億円を突破したというのだから、もう無敵状態。

僕はと言えばクイーンの知識はほぼ皆無。劇中で流れていた有名な曲は幾度も耳にしたことはあるが、その程度。号泣する映画らしいが、どこも泣けなかった。感情移入するところもない。

大スターが故の孤独感というのは贅沢な話だと思っていて、多くの人はスターになんてなれず貧しく孤独だ。世界中の人たちに愛されているフレディ・マーキュリーではあるが、多くの人は誰からも愛されていないのだ。

本作のフレディ・マーキュリーが、気になるほどギョロ目で出っ歯だというのは終始違和感。肝心なスーパースターのオーラを感じることも出来ない。

クイーンについて知識がないので実際のフレディ・マーキュリーの映像を観てみたが、やはり本物はスーパースターのオーラを放ち本物は圧倒的にカッコイイ。

本物の方が恰幅が良く内側からスーパースターのオーラが感じるのだが、本作のフレディは華奢でナヨナヨしてる印象が強い。

それでも世界中で大ヒットして多くの方が絶賛して号泣するのだから、クイーンファンも納得の映画だったのであろう。僕の見解が大きくズレているのかもしれない。

 

『止められるか、俺たちを
古き良き時代の情熱家たち。
青春は止まらない!!

監督:白石和彌
出演:門脇麦, 井浦新, 山本浩司

Amazon

Amazon Prime Video

井浦新演じる若松孝二監督のことを殆ど知らない。

若松プロ出身の白石和彌監督が本作でメガホンを取り、若松プロが映画を撮り続ける青春を描く。

この時代の雰囲気が好きだ。天才たちが飲み屋や喫茶店等に一同に集まる感じ。赤塚不二夫や大島渚がいて。ものづくりに情熱を燃やして色んなジャンルの天才たちが集まり、哲学を語りバカ話に花を咲かせる。

若松監督を中心に様々な人の人生模様が描写され、その視点は門脇麦演じる吉積めぐみを通して垣間見られる。

汗臭く泥臭い男だらけの現場に、門脇麦の控えめながらも時には荒っぽい立ち振る舞いが観ていて心地いい。無言の表情に説得力がある顔をした貴重な女優。

 

『スマホを落としただけなのに』
落とした「だけ」ではない、
主人公サイドが問題だらけ。

監督:中田秀夫
出演:北川景子, 千葉雄大, 原田泰造

Amazon

Amazon Prime Video

前知識なく観たが「スマホを落としだけなのに」というか、スマホ以前に問題ありな人たちばかりの登場人物。

監督が中田秀夫監督だというのも観終わってから知った。『リング』や『クロユリ団地』など数多くのホラー映画を撮ってきた監督だけあって、サスペンスだけでなく気味悪いホラー要素が満載。

確かにスマホを落として運悪く変な人に拾われてしまったとしたら、何かしら面倒くさいことになりそうだ。物語が発展していくうえで非常に良いアイデアだと思う。2020年にはパート2が公開予定ということで、スマホを落としたことによる色んな物語が作れそうだ。

しかし今回の物語は「落としただけなのに」という以前から主人公側に問題ありまくりだ。「どんだけ秘密抱え込んどんねん!」とツッコミをいれざるを得ない。

警察が事件を追い大がかりな展開になるのが好みではない。警察抜きで主人公たちだけで事件に巻き込まれ解決していくというのが好きなのだ。

スマホを拾った異常者の演技も気持ち悪さを上手く演じていた。

ヒッチコックの『サイコ』を彷彿させるシーンもあり楽しめた。

 

『クリード 炎の宿敵
新たなる物語と過去の因縁。
ドラゴとの共演が嬉しい。

監督:スティーブン・ケイプル・Jr.
出演:マイケル・B・ジョーダン, シルベスター・スタローン, テッサ・トンプソン

Amazon

Amazon Prime Video

個人的に「ロッキー」シリーズでは『ロッキー4』に胸を熱くした。

サイボーグマシンのようなドルフ・ラングレン演じるドラゴと、人間臭いロッキーの対比は素晴らしく良い。

本作でも過去映像が流れてきたが、昔のロッキーとドラゴのカッコ良さは異常。

ドラゴ父子において父親の悪そうな顔つきは、どこかしら寂しく感じた。「おいおいドラゴ!そんな憎しみに満ちた顔をするんじゃない!」と。

ドラゴの息子はヒゲ坊主だし、ワイルド過ぎやしないか。

哀愁といえばロッキーのお約束だけどもドラゴ父子の哀愁もハンパない。

何故か敵対するドラゴ父子にも感情移入してしまい、「負けてほしくない」という想いが芽生える。

かつてロッキーに敗れたドラゴの人生が壮絶であったからだ。勝つことへの執念が父子に深い哀愁を漂わせる。

クリードのトレーニングシーンも良い。『ロッキー4』のロッキーを思い出させる野性味溢れたトレーニング。倒れても立ち上がる不屈の精神を培っていく。

音楽や歌、風景、美しい筋肉、全ての調和が見事である。

過去の因縁に終止符を打った。

では「クリード3」はどうする??そんな期待感が次作を待ち遠しくさせてくれるのだ。

 

関連記事

  1. 最近観た映画4本。『ランボー』『タクシードライバー』

  2. 映画『デビル』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『響 – HIBIKI – 』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『鳩の撃退法』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『デスペラード』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 北村龍平監督最新作『ダウンレンジ』を観てきたのだ。

  7. 映画『楳図かずお恐怖劇場 蟲たちの家』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『ハード・ターゲット』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP