注目の記事 PICK UP!

小坂レオ(著)『S神さま!!!!!!!!!』を読んだのだ。

坂レオ先生の『S神さま!!!!!!!!!』を読んだのだ。

『S神さま!!!!!!!!!』
小坂 レオ (著)

Amazon

Kindle

 

S神さま!!!!!!!!!

 
実は作者の小坂レオ先生とは交流があり、人柄も大好きで面白くオカルトを愛する大切な仲間の一人。

小坂レオ先生は先日YouTubeチャンネルの『島田秀平のお怪談巡り』に出演され、「号泣」必至の心温まる怪談を披露してくれた。

動画内でご自身の著書を宣伝していて「全然面白そうやん!」と想い、即Amazonで購入。

小坂レオ先生が「三年かかった」という著書を読んでみることに。

埼玉県坂戸市に鎮座する坂戸神社に祀られた8人の神様が、ある日突然中学生男子のカラダに憑依。

神様の物語となると小難しくなりそうな内容だが、それぞれの神様の特徴を生かして中学生の青春をコミカルに描くことにより、非常に分かりやすく神様のことを知ることが出来る。

各章ごとに分かれたエピソードを読みながら、本書に登場する神様についてYouTubeで動画を検索して個人的に知識を深めていくことも楽しい。

神様の名前や物語に興味はあるが、今まで知る機会もなく過ごしてきた。その問題を本書はスムーズに導いて案内してくれる。

また非常に魅力的だったのは、物語の舞台である埼玉県坂戸市だ。

坂戸神社はもちろん、からあげ屋、定食屋、ラーメン屋、文章を通して表現されたグルメ情報が、まぁ〜実際に行って食べたくなるのなんの。

坂戸市のグルメ情報本としても役立つ本書は坂戸を訪れる人にとっては必須だ。店の名前は少しばかり変えて掲載しているが、調べれば何となく「この店ではないか」と察しが付く。

「S神さま」を通して描かれる、友情、恋愛、グルメ、オカルト、親子の絆。

色んな個性を持った登場人物が少しずつ成長していく。S神さまもまた人間の抱える問題に真っすぐに応えてくれる。神様と人間が一体となって問題を解決していく。

堅苦しくなくコミカルな神々との青春物語は、地元を愛する小坂レオ先生の人柄が詰まった心温まる最高の本であった。

因みに本書で描かれている「坂戸七不思議」は本当にあるらしい。

さて、年内には僕も坂戸市を訪れよう。

小坂レオ先生に案内をお願いして、本書の聖地巡礼だ。

坂戸神社、聖天宮、ラーメン屋等の飲食店、坂戸の魅力を存分に満喫したい。

小坂レオ先生にサインもいただいた。

小坂レオ先生、素敵な本をありがとうございました!!!!!!!!!

関連記事

  1. 西野亮廣著『ゴミ人間 日本中から笑われた夢がある』を読んだのだ。

  2. 千原ジュニア『3月30日』を読んだ。

  3. 手塚治虫版、ドストエフスキー原作の『罪と罰』を読んだのだ。

  4. 永久保 貴一 (著)『生き人形』を読んだのだ。

  5. 『GACKT超思考術』を読んだのだ。

  6. 諸星大二郎先生の『壁男』を読んだのだ。

  7. 東村アキコの『かくかくしかじか』を一気読みした。

  8. 『伊藤潤二自選傑作集』を読んだのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP