注目の記事 PICK UP!

山梨県立美術館、岡本太郎の『樹人』に会いに行く

週に引き続き、今週も山梨県立美術館のある紅葉彩る芸術の森をぶらぶらして来た。

再び岡本太郎の『樹人』と対面する。生命をほとばしり、そいつはぐんぐんと空に伸びる。

魂のかたまりのようにも見える。真っ白い息吹が四方八方へと躍動して脈を打つ。切ったら血が噴射するのではないか?そう思わずにはいられねぇほどに生きている。

そうだ。作品というものは生きてなければいけない。切ったら血が出るような作品だ。でなければ感動も愛もない。

IMG_0224

これはゴッホの記念碑。ひょろっこく画材を背負って突っ立つ、どこか哀愁あるゴッホだ。

ものをつくる人間なら、誰しもがゴッホのような孤独感というのはあるのではないか。だからこそ作品で表現するんだと思う。作品に自分を投影させる。ずっとずっと孤独なんだ。拳銃で自分の脇腹を撃って死んでいったゴッホ。

ものづくり、アーティストは皆、孤独であり狂気を秘めている。

理屈なんて通りゃしねぇ。常識の檻に閉じ込められた連中には、なかなか理解されぬものだ。そのはがゆさや情熱がまた作品を生むのである。

IMG_0223

えー、これは何だっけ?でっかいリンゴのオブジェ。

ってことで二週連続、ここに来ちゃいました。

関連記事

  1. 神秘的で未知なる宇宙『縄文―JOMON―展』山梨県立美術館

  2. 『映画雑誌の秘かな愉しみ』に行ってきたのだ。

  3. 国立新美術館『第96回国展』圧倒的パワー、恐るべし国展。

  4. ピカソ展と太郎とゲルニカと芸術の秋。

  5. 日動画廊『鴨居玲展』命を削って描いた、命の鼓動。

  6. 奈良県『喜多美術館』に行ってきたのだ。

  7. 影絵の森美術館に行ってきたのだ。

  8. 『ミレー館』『黄昏の絵画たち』に行ってきたのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP