注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。日本の良き監督たち。

き日の園子温監督作品と他の邦画を観た。

映画の暗い雰囲気と不気味さが伝わってくる感じである。

園子温監督作品を沢山観てきたが、その中でも『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『地獄でなぜ悪い』は特に好きな作品である。

今回観た『告白』の中島哲也監督、『凶悪』の白石和彌監督も、日本の映画界で良き監督だと思った。

『桂子ですけど』
不思議なリズムの映画。
特異な感性が映し出される。
監督:園子温
出演:鈴木桂子, 内田栄一

desukedo01

Amazon

Amazon Prime Video

若き頃の園子温監督はとにかく実験的であり、ひとつの概念に縛られることなく自由で詩的であり、めちゃくちゃしているようでめちゃくちゃではない、何とも不可思議な作品を多く作っている。

本作はカメラでの長回し、不思議なリズムで映像が流れる。

赤く塗られた部屋など、園子温監督の普通ではない感性が見える。

 

『0cm4』
映像感覚で遊ぶ実験的な映画。
色彩表現が面白い。
監督:園子温
出演:永瀬正敏

227x227bb (1)

Amazon Prime Video

永瀬正敏さんが主演の実験的な映画。

映像感覚で遊び、ドキュメンタリーティックであり、不可思議な作品。

色彩がない映像と、色彩が鮮やかな映像を織り交ぜながら、映像の面白さを引き出している。

 

『告白』
美しい映像と不気味な物語。
監督の独特な演出。
監督:中島哲也
出演:松たか子, 岡田将生, 木村佳乃, 西井幸人

Amazon

Amazon Prime Video

映像が美しい、この一言に尽きる。

『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』など、色んなジャンルの映画を撮る監督だが、『告白』という題材を美しい映像と不気味な感覚で表現した。

何本か観ると監督のすごさが浮き彫りになる。

気になる映画監督の一人である。

 

『凶悪』
酷い暴力描写。
恐ろしいピエール瀧。
監督:白石和彌
出演:山田孝之, ピエール瀧,リリー・フランキー, 池脇千鶴

Amazon

Amazon Prime Video

観た人のほとんどがピエール瀧さん怖いなぁと思うだろう。

暴力シーンもエグい。

園子温監督の『冷たい熱帯魚』と同様に、暴力シーンで嫌悪感を抱く人もいるかもしれない。

苦手な人は離脱してしまう。

個人的には苦手な部類だが、真正面から立ち向かっている表現には感心するし、中途半端に描かれた暴力よりは全然好きである。

北野武監督が言っていたが、「キタノの映画は暴力が残酷だ」と海外の人に指摘されるらしい。

アクション映画で何十人、何百人を銃殺している海外の人達に言われたくねーよ!と反論するが、キタノ映画は「暴力がイタイ」と。

『凶悪』もそうだ。暴力描写がイタイ。

でも暴力とはそういうものだ。

銃を乱射してバタバタと人が倒れて、正義のヒーローが大活躍なんて暴力の実感もない。

人を殴る行為その一つ一つがイタイし、観るモノには嫌悪感を与えるもの。

戦争映画もそうだ。

爆弾ひとつで何万人の命が奪われる。

本来もっと残酷に悲惨さを伝えなければ、戦争の抑止にはならない。

映画で疑似体験することで、リアルな悲惨さや残酷さが伝わる。

ピエール瀧さんの、面会室でのおとなしい感じの演技も良かった。

狂気の部分と、そうでない部分の描かれ方がいい。

中島哲也監督も白石和彌監督も、今後も楽しみな監督であることは間違いない。

関連記事

  1. 最近観た映画4本。『IT/イット』面白かった。

  2. 映画『噓八百』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『点』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『エスター』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 最近観た映画4本。全ての映画ジャンルの頂点はカンフー映画。

  6. 映画『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『ゴーストマスター』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『KILLERS キラーズ 10人の殺し屋たち』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP