注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。浅野忠信と二階堂ふみ。

は、今回もまた映画評をしていきます。

映画評をするにあたって、結局は個人の好みが大きいですね。ってことで、僕の好みで勝手気ままに映画評をしていきます。

『LOVE SONG』
監督:園子温
出演:園子温

227x227bb (1)

これが園子温監督のデビュー作品。

目覚まし時計の音が鳴り響く中、園子温監督が暴れまくるという映画。画(え)としての面白さはあるし、若いエネルギーはある。表現するチカラもある。でも、まだ園子温監督のはじまり。まだ実験的な映画である。

『ボクサー』
監督:寺山修司
出演: 菅原文太, 具志堅用高,小沢昭一, 唐十郎

寺山修司の『田園に死す』って映画を観たことがあって、かなり異色な作品だったけど、また『ボクサー』は全然違う作品。

1977年公開の映画で僕が生まれた年なんだけども、今から40年前で映画としての作品が古い。例えば、キューブリックの『時計じかけのオレンジ』なんて、1971年のものだけど、今、観ても新しいんだよね。それが『ボクサー』は悪い意味で古い。

ヒロインが悪い意味でブス。

寺山修司って人は偉大だと思うけど、ちょっとカッコつけすぎてる。

妙に足の長い犬が出てたけど、奇妙だったな。現代の犬の可愛さとは違う。それは全然いいんだけど。

かなり古くささを感じましたね。

『清洲会議』
監督:三谷幸喜
出演:役所広司, 大泉洋,小日向文世, 佐藤浩市

三谷幸喜さんは好きな人なんだけど、映画は好きではないな。ドラマとか舞台とか、めちゃくちゃ面白いのに映画になると寒い。大人数ではしゃいでるのが、映画のスケールに合わないのかな。いや、ストーリーも練られていない。ドラマや舞台では脚本が最高なのに、映画になるとうまくいかない。三谷さんの「おおーすげー」という観ている時に感心する感覚がない。しかし、だからといって悪いわけではない。三谷さんへの期待のハードルが高い分、なんか映画は物足りないんだよね。

『私の男』
監督:熊切和嘉
出演:浅野忠信, 二階堂ふみ,モロ師岡, 河井青葉

浅野忠信と二階堂ふみの存在のチカラが大きい。

確かに北海道の極寒の地でロケしただけあって、映像美もすごくいい。だけど話の内容はかなり奇妙で、正直よくわからなかった。

しかし浅野忠信と二階堂ふみの存在が、この映画の説得力を出している。まぁ、なんだか親子なんだけど、男と女の関係で、これが浅野忠信じゃなかったら、だいぶキモイ。浅野忠信の存在感が、すごく奇妙だけどイイんだよね。フツーのオッサンなら完全にアウト。二階堂ふみもお見事。異質な役が出来る貴重な女優の一人。だけど異質な役ばかり演じると、それが普通になって異質でなくなるので、演じる役の選び方は大事になってくる。でも、普通の感じの役もやっているっぽいから問題ないか。僕が心配することではないが、園子温監督作品を観て好きな女優であるので活躍し続けて欲しい。他の役者陣も良かった。

監督が上手だった。話はよくわかんないけど、役者陣の存在感と監督の上手さで見事な映画作品にした。


関連記事

  1. 最近観た映画4本。またもや園子温監督作品。

  2. 最近観た映画4本。とんでもない映画を観た!

  3. 『君の名は。』を観てきた。

  4. 最近観た映画4本。全ての映画ジャンルの頂点はカンフー映画。

  5. 最近観た映画4本。『クワイエット・プレイス』『死霊館のシスター』他

  6. 最近観た映画3本。『時をかける少女』の世界。

  7. 最近観た映画4本。またまたタランティーノ作品ばかり。

  8. 『ゴッホ 最期の手紙』『ファイティン!』を観たのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP