注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。安藤サクラ、最高の女優だぜ。

藤サクラ、スゲー女優。

今さら何を言ってんねん。アカデミー主演女優賞獲ってんねんぞ。

ってことだけど、ニャハハハ、知らなかった。

『百円の恋』でぶったまげた。時価百円の女なんて言ってるけど、百億円やね、いや百兆円や。

それでは、レビューをしていきます。

『魔女の宅急便』
キキが空飛ぶCGは、
タケちゃんマンかと思ったぜ。

監督:清水崇
出演:小芝風花, 広田亮平,尾野真千子, 宮沢りえ

なんで、この映画を創ろうと思ったのか?CGの技術がないのなら無理して創ることない。

大体この映画の見せどころって、キキが空を飛んでるってところだ。

00-top_m

そこが表現出来ないなら、恥をかくだけなのでやめといた方がいい。タケちゃんマンかと思ったぜ。

tabascomint-img600x525-1375322421hkvqth46447

タケちゃんマンは面白いけど、この映画クソつまんない。

トンボなんて鳥山明の少年時代かと思ったぜ。

140205_chara02

そして「タカミ・カラ」って役名で出てくる歌手の大根っぷり。

e98ee38c1987ce80ac51061c74fa1499

この人には罪はないけど、全てがメチャクチャだぜ、この映画。よくも大人たちが、こんなタチの悪い学芸会を撮った。まったくもって『魔女の宅急便』の世界観が出てない。子供騙しにもなってない。子供だって暴れるレベル。

ハリー・ポッターの足下にもおよばないぜ。

00_HarryFlying

キキが空をうまく飛べないなんて物語があるけど、全然飛べてないのは、この映画そのものじゃねーか。

アニメ映画と同じように、キキが空を飛べなくなるんだけど、いまいち何故飛べなくなるのか?がわからない。そして、なんで飛べるようになったのかもわからない。勝手に飛べなくなって、勝手に飛べるようになった。まるで便秘みたいなもの。糞づまってたものが、テメーの都合で出ただけ。

そして嵐の中、海を渡り、病気のカバを運ぶというカバカバしい・・・じゃなくて、バカバカしいクライマックス。なんと原作にあったのね・・・。

51QXJ3KRYAL

そんなカバな!

images

嵐の中、キキがカバを運ぶシーンで思わず爆笑しちまったぜ。感動するか~!!

最も残念なのは「東洋」とは言っているが、日本ではない世界観、明らかに異国感を出しながらも、
o0500065313044858315

1372430559_2_1_ff247fed26b01086bc65596f731d46a751cda2de

時折、日本丸出しの風景が出てくる。

majonotakkyuubin_3

田舎の学校やん。

嵐のシーンでは、もう開き直っちゃって「なんとか丸」みてーな、全部漢字で書かれた日本の漁船が出てくる始末。

『シベリア超特急』『北京原人』に並ぶコメディー映画としてなら最高だが、真面目に『魔女の宅急便』を創ろうとしていたなら、アウトだぜ!

『百円の恋』
安藤サクラにノックアウトされた。

監督:武正晴
出演:安藤サクラ, 新井浩文, 稲川実代子, 早織

実写版『魔女の宅急便』を観て、大笑いしながら腹が立って、実写版『ルパン三世』を観ていたら、何度も挫折してなかなか最後まで観れない。お口直しにイイ映画ないかなぁと、ふらっと観た『百円の恋』に完全ノックアウトされた。

安藤サクラがスゴすぎ。

安藤サクラの出演作は、園子温監督の『愛のむきだし』と黒沢清監督の『贖罪』を観たことがある。『贖罪』の時に、「うわー、何、この女優」って思った。すんげー異質で存在が怖かった。

『百円の恋』最高やね。

安藤サクラが10日間でカラダを作り上げたっていうところも、もちろんスゴイけど、最初のどうしようもない時期のたたずまいとか、猫背の異様な姿勢とかめちゃくちゃ雰囲気がスゴイ。もう参った。降参。スゴすぎ。

この作品でアカデミー主演女優賞を獲っていたって知らなかった。そりゃ獲るわな。ズバ抜けてる。こういう女優が日本にいたことに感謝。

ボクシングのトレーニングを積んで、変わっていくシーンがまたイイ。キレイに格好良くなっていく。

たまらんね。

安藤サクラ大好き!

『0.5ミリ』
なんとも言えない空気感、
0.5ミリの差に魅了された。

監督:安藤桃子
出演:安藤サクラ, 柄本明,坂田利夫, 草笛光子



またまた安藤サクラ出演作を観た。

監督は安藤サクラのお姉さんがやっている。そりゃ妹に、こんな天才女優がいたら起用するわな。

介護ヘルパーの役どころで、いろんなお爺ちゃんと関わっていくんだけど、孤独な老人と心を通わしていく。また老人たちの演技が素晴らしい。

安藤サクラはそりゃ素晴らしい。

映画の何とも言えない空気感が、居心地が悪かったり、良かったり。3時間は長いかなぁと思うけど、必要な3時間である気もする。安藤サクラがその時間を魅了するだけのチカラがある。

『今日子と修一の場合』
奥田瑛二一家と
柄本明一家は恐るべし!

監督:奥田瑛二
出演:安藤サクラ, 柄本佑


失礼ながら奥田瑛二監督が、こんなに才能ある監督だとは思わなかった。もっとクサイ演出をしているのかと思ったら、感情をグッと殺して内側から湧き出てくるような演出で、スゲー良かった。

安藤サクラがスゴイ天才女優なのはもちろんのこと、実生活で安藤サクラの旦那さんである柄本佑もなんとも言えないイイ存在感のある役者。

松山ケンイチと森山未來と萩原聖人を足して柄本明で割った感じ。

ってか、この芸能一家恐ろしいね。才能ある人間たちがよくぞ、ここまで集まったな。もっともっと、この芸能一家が面白い作品を生み出してくれることに期待するぜ。

 

関連記事

  1. 最近観た映画4本。戦争映画を観て、戦争の愚かさを痛感すべき。

  2. 最近観た映画4本。『空飛ぶタイヤ』『ザ・プレデター』他

  3. 最近観た映画4本。役者の良さありきの作品たち。

  4. 最近観た映画4本。『亜人』『アトミック・ブロンド』他

  5. 最近観た映画4本。とんでもない映画を観た!

  6. 最近観た映画4本。『誰も知らない』『十三人の刺客』他

  7. 最近観た映画4本。アニメやらゴリラやら。

  8. 最近観た映画16本。ホラーばかり。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP