注目の記事 PICK UP!

Netflix映画『浅草キッド』ネタバレ・あらすじ・感想。

ートたけしと師匠の深見千三郎の師弟愛を描いた『浅草キッド』を観たのだ。

『浅草キッド』
見事な柳楽優弥演じるビートたけし。
劇団ひとり監督の美しい演出力。
監督:劇団ひとり
出演:大泉洋, 柳楽優弥, 門脇麦

Netflix

 

予告編

 

 

解説

 
ビートたけしが師匠の深見千三郎と過ごした青春を綴った自伝『浅草キッド』を映画化。

劇団ひとりが監督・脚本を手掛ける。

深見千三郎を大泉洋、ビートたけしを柳楽優弥が演じる。

Netflixで2021年12月9日配信。

2021年製作/123分/日本

 

あらすじ

 
昭和40年代の浅草で大学を中退後、たけし(柳楽優弥)は「ストリップとお笑いの殿堂」と言われる浅草フランス座に転がり込んでエレベーターボーイをしていた。

多くの人気芸人を育てながらも自身はテレビにほとんど出演しなかったことから「幻の浅草芸人」と呼ばれていた深見千三郎(大泉洋)のコントに惚れ込んだたけしは、深見に弟子入りする。

深見の下で、たけしは大成することを目指し笑いの修行に勤しんでいたが、テレビが普及するにつれフランス座の客足は減り、経営は悪化していく。

歌手を目指す踊り子・千春や深見の妻・麻里に見守られながら成長していくたけしであったが、フランス座の元先輩キヨシに誘われて、漫才コンビ「ツービート」を結成。

深見の猛反対を押し切り、フランス座を飛び出して、人気を獲得していくのだが・・・。

 

感想

 
間違いない劇団ひとり監督による、間違いないキャストで、民放のTVドラマで映像化することなく、間違いないNetflixで『浅草キッド』を最高の映画にして届けてくれたのである。

劇団ひとりの『青天の霹靂』もイイ映画であったが、またも大泉洋主演で描いた『浅草キッド』で、劇団ひとりの才能を見せつけられた。

ビートたけしと師匠の深見千三郎との師弟愛を笑いと涙の物語で丁寧に作り上げ、それに加えてタップダンスなどの美しい演出が随所に光っている。

ラストの「現在のビートたけし」が青春時代を過ごした浅草フランス座の中を歩いていく背中と、当時の仲間たちが楽しそうにはしゃいでいる姿が思い出と共に蘇るシーンや、深見千三郎と対面した際には柳楽優弥演じるビートたけしの姿にタイムスリップする演出も素晴らしかった。

全編を通して何よりも驚いたのが、柳楽優弥のビートたけしの演技である。

表情や仕草、佇まいまでもがビートたけしになっていたのだから、凄い役者だ。

個人的にも昔のビートたけしの漫才や漫談が好きで、「ジジイ、ババア」「近所のガキが」「バカヤロー」など口汚い言葉で早口でまくし立てる感じが面白くて時々昔の映像を観るのだが、柳楽優弥が当時のビートたけしをしっかりと再現していて、笑えた。

深見千三郎師匠のことはよく知らないが、大泉洋以外に演じられる人はいないだろうと思える程に、深見千三郎師匠の人柄が伝わってくる。

照れ屋で口が悪く、「バカヤロー」「コノヤロー」と言いながら愛情深く、芸人であることを誇りに思っているイキな人だ。

門脇麦も良かった。

ドラマ『火花』にも出ていたが、売れない芸人を支える健気な役柄が非常に良く似合う。

『火花』と同じく数年後のシーンも切なくて、「幸せになってほしい」と心底思える女性像を魅力的に演じてくれた。

本作は隅々まで、劇団ひとり監督の「ビートたけし愛」が詰まっている。

このブログの映画感想の締めくくりで毎回、[ – といったところで、「カット、カット」 – ]というフレーズを使っているのだが、実はビートたけし著の『仁義なき映画論』から勝手にパクらせてもらっているのだ。
 

仁義なき映画論
ビートたけし  (著)

 
Amazon

 
『浅草キッド』、感動したぜバカヤロー!、といったところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『牛首村』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 最近観た映画4本。またまたタランティーノ作品ばかり。

  3. 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 最近観た映画4本。名作揃い!『セブン』『めまい』他

  5. 最近観た映画4本。『ボヘミアン・ラプソディ』『クリード 炎の宿敵』他

  6. ドラマ『インビジブル』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『226』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『ロボコップ』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP