注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。ドキッ!『座頭市』だらけの映画大会。

新太郎の偉大さは後年ずっとずっと受け継がれていくべきだ。

豪快伝説云々よりも、映画を作る才能はぶっ飛んでいる。

『座頭市物語』
カッコ良すぎる!
勝新太郎の存在感は異常だぜ。
監督:三隅研次
出演:勝新太郎, 万里昌代, 島田竜三, 三田村元

Amazon

Amazon Prime Video

実のところ『座頭市』を初めて観た。

北野武監督の『座頭市』は観ていたが、勝新太郎の作品は初見。

もう存在感がハンパない。現代にこんな役者がいるか?一昔前の役者さんの顔ぶれったりゃスゴイ。個性がえげつけない。

こういう時代劇なら観たい。

カッコ良すぎだろ。

 

座頭市
監督勝新太郎の才能には、
アッパレだぜ。

監督:勝新太郎
出演:勝新太郎, 樋口可南子, 陣内孝則, 内田裕也

Amazon

役者としての才能もさることながら、監督としての才能もスゲーぜ。

キャスティングも最高。

内田裕也も陣内孝則も全てのキャスティングに間違いがない。

監督としての勝新太郎の才能って、めちゃくちゃスゴイと思う。

時代劇がカッコイイ。この人、異常だぜ。

格好良さも、物語の面白さも、とことんやってくれている。

「総理大臣の代わりはいるが、勝新太郎の代わりはいない」という本人の名言は、まさにその通りだぜ。

 

『ICHI』
勝新太郎の『座頭市』観た後には、
物足りなくて泣けるぜ。

監督:曽利文彦
出演:綾瀬はるか, 中村獅童, 窪塚洋介, 柄本明

Amazon

Amazon Prime Video

綾瀬はるかの可愛さで映画が持っている。

勝新太郎の後には映画自体がショボくて仕方ない。

綾瀬はるかが可愛いから最後まで観ていられる。

敵役の連中たちが、とにかく弱そう。

「強そう」を演出するがあまり逆効果で「弱そう」。

『北斗の拳』のザコキャラみたいな感じ。指先ひとつでヤラれる奴ら。

竹内力や中村獅童まで、それだから切ない。勿体ない。

勝新太郎の『座頭市』も、北野武の『座頭市』も、剣術の達人ほど佇まいがしっかりしている。

緒形拳や浅野忠信みたいな。

『ICHI』に関しては敵役の連中がひたすら吠えているだけ。弱い犬ほど、よく吠えているように見えて仕方がない。

笑えたのが窪塚洋介がピンチの時に間一髪で柄本明が現れるのだが、どこから現れたのか全くわからない。

カメラにフレームインしてなくても現実世界ではインしてるんだから、誰か気づくだろ!?

後半で大沢たかをが逃げたと窪塚洋介に勘違いされるのだが、大沢たかをも突然現れる。

「あいつ逃げたな」なんて周りを見渡してはいないが、次の瞬間にカメラにフレームインしてる。

どこから現れたんや!?

まだ未見だが、香取慎吾の『座頭市』も予告編を観て笑っちゃった。

『座頭市』をナメすぎ。ありゃヒドイ。

『座頭市』を撮りたくなる気持ちはわかるが、悲しいかな勝新太郎の『座頭市』には敵うはずがない。

 

『いつかギラギラする日』
車がどんどんぶっ壊れていく。
これぞ元気な日本映画だぜ。

監督:深作欣二
出演:萩原健一, 木村一八, 荻野目慶子, 多岐川裕美

Amazon

Amazon Prime Video

すんげー昔に一度観た。

高校生の頃だったか。

改めて観ると、やっぱりスゲー。

深作欣二監督がイケイケなのがたまらないし、ショーケンがカッコイイ。

横山やすしの息子である木村一八は結構好きな役者。

傷害事件を起こしたりしたが、それがなければ、もっとイイ役者として日本の代表になっていただろう。

今でも個人的にはもっと観たい。

この映画はぶっ飛んでいてイイ。もうメチャクチャやってやろうという気迫がある。

この映画で一番コワイのは荻野目慶子だ。

コワくて妖艶で、ホント貴重な女優さん。役柄にピッタリ。

現代の日本映画もこんぐらい元気に、もっともっとメチャクチャやってほしい。

関連記事

  1. 最近観た映画4本。『遊星からの物体X』『お米とおっぱい。』他

  2. 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『イソップの思うツボ』ネタバレ・あらすじ・感想。後味の悪い結末。

  4. 映画『LUCK-KEY/ラッキー』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 最近観た映画8本。『美女と野獣』最高!

  6. Netflixドラマ『FOLLOWERS』蜷川実花監督。ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. Netflixアニメ『デビルマン crybaby』全10話を観たのだ。

  8. 映画『ステップファーザー 殺人鬼の棲む家』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP