注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。役者の良さありきの作品たち。

者が光るのは監督の引き出し方が上手いというのは実際にある。

黒澤明監督の三船敏郎は、やはり黒沢作品で輝いていた。

料理みたいなもので、素材を活かす監督と素材を台無しにしてしまう監督がいる。

また映画はつまらなくても、役者だけが輝いている場合もある。

今回観た4本では、大泉洋の飄々としたキャラありきの映画であり、千原ジュニアの独特な顔つきと異様な存在感ありきの映画であり、阿部寛の内面から湧き出てくる演技が魅力の映画であり、ルーニー・マーラの起用によって成功した映画であった。

この役者でなければ成立しなかった映画のように思える。

それでは、それぞれのレビューを。

『探偵はBARにいる 』
人間が殺されすぎて、
一体なんだった感が残った。

監督:橋本一
出演:大泉洋, 松田龍平, 小雪, 西田敏行

Amazon

Amazon Prime Video

名探偵という役どころでもないので構わないが、それでも人が殺されすぎかな??と疑問に思う。

依頼者からの要求通りに探偵が動くのは仕方ないが、問題をかき回した感がある。

探偵が動くことによって、どんどん人が殺されているのだ。

「いやぁ良かった良かった、面白かった」と、誰が手放しで言えようか。

本末転倒ではあるが、主役が探偵でなければ、まだ許せたかもしれない。

 

ポルノスター
若かりしき頃の千原ジュニアの
顔つきは異様な魅力がある。

監督:豊田利晃
出演:千原浩史, 鬼丸, 緒沢凛, 広田玲央名

Amazon

Amazon Prime Video

千原ジュニアの顔つき、不気味な存在感ありきの映画である。

昔、鈴木亜美主演の軍艦島で撮影されたNHKのドラマがあり、そのドラマを観ていた時も千原ジュニアがスゴイ良かったという記憶が残っている。

バイク事故で顔つきが変わり、優しい顔になったので、バラエティーなどのテレビ番組には出やすい顔になったが、役者としては昔の顔つきが好きである。

この顔つきのヤツが背後に、のそっと立っていたら怖い。

 

『つやのよる』
ヤリチンとヤリマンの物語。
阿部寛には少し共感した。

監督:行定勲
出演:阿部寛, 小泉今日子, 野波麻帆, 風吹ジュン

Amazon

Amazon Prime Video

ヤリチンとヤリマンの映画だとは思わなかった。

登場人物のほとんどが、ただの性欲バカ。

どうしようもない。

「つや」という女性は、阿部寛の妻で病院のベッドで死にかけている。

つやは色んな男と関係を持っていたが、阿部寛はつやを一途に想い続けている。

それほど魅力的な女性であったのだろう。

魔性の女だったのかもしれない。

最後の最後で、阿部寛の気持ちだけは共感出来た。

自分の想う女性が他の男達と関係を持っていたことへのやるせなさと、本気でつやを愛していたのは自分だけであったという気持ち。

本気であるがゆえの葛藤、苦悩、孤独が阿部寛の哀愁感に出ていた。

 

『ドラゴン・タトゥーの女』
空気感、女のただならぬ雰囲気、
原作と丁寧な演出に圧巻。

監督:デヴィッド・フィンチャー
出演: ダニエル・クレイグ, ルーニー・マーラ,クリストファー・プラマー

Amazon

Amazon Prime Video

主演女優のただならぬ雰囲気は言うまでもなくイイ。

映画の持つ空気感もイイ。

ベストセラー小説の映画化なだけあって、重みのあるしっかりした原作があることが映画を通して伝わってくる。

原作をぶち壊さない丁寧な演出、痛々しい拷問シーン、腐すところはない。

 

関連記事

  1. 最近観た映画4本。『竜二』は、やっぱりカッコイイ!

  2. 塚本晋也監督『斬、』、舞台挨拶に行ってきたのだ。

  3. Netflix映画『隔たる世界の2人』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. Netflixドラマ『新聞記者』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 最近観た映画4本。『狂い咲きサンダーロード』『ヒメアノ~ル』他

  6. 映画『CASSHERN』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『ドミノ 復讐の咆哮』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 最近観た映画4本。園子温&スタンリー・キューブリック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP