注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。北村龍平監督『VERSUS ヴァーサス』最高!

VERSUS ヴァーサス』、好きだ。

インディーズ映画として、最高にクレイジーでパワフルだ。ここまで徹底的にやってくれると、「参りました!」「最高です!」と、ひれ伏すしかない。

北村龍平監督作品は『あずみ』を過去に観たことがあったけど、最近だと『ルパン三世』だった。これは『ルパン三世』という題材を実写化した事によって、あまりにも僕にとって残念な作品であった。確かにアクションはカッコ良かったが、カーアクションにいたっては、どんだけ車をぶつけても車が無傷。五右衛門の斬鉄剣でさえ、車は真っ二つにならない。やはり浅野忠信は銭形警部ではなく、次元大介に配役するべきであった。何よりも『ルパン三世』の世界観を台無しにしてしまった。

しかし『VERSUS ヴァーサス』を観て興奮した。あまりにもパワフルで、画面からこの映画に懸けたスタッフやキャストの想いが、ビシバシと伝わってくる。メイキングも観たけど、すげー監督なんだと度肝を抜いた。

思わず本を買ってしまった。

この本も面白い!

って事で、北村龍平監督作品を色々観ました。

VERSUS ヴァーサス
衝撃的なインディーズ作品!!
めちゃくちゃ好きな作品!!

監督:北村龍平
出演: 坂口拓, 榊英雄, 三坂知絵子

とにかく好きな作品。

インディーズでよくここまで作った!という度肝を抜かれた映画。

個人的には「日本人の若者が銃をカッコ良く手に持っている」というのが、あまり好きじゃない。日本のドラマや映画なんかで、いつも違和感がある。カッコつけた感丸わかりの学芸会に見える。しかし『VERSUS ヴァーサス』は、そんなものを超越した凄さがある。

最初は何だかカッコつけている感があるのだが、もうね、それがカッコイイ。

中途半端にカッコつけるからダサイんであって、ここまでカッコつけられたら、もうめちゃくちゃカッコ良くなる。

物語云々とかどーだっていい。とにかくアクション!気合いと気迫が違う。

皆、100%のチカラを120%、いやそれ以上に出そうと本気でやっている。

手抜きなんかしない。その気迫が伝わってくるから、カッコイイんだな。

榊英雄が特にカッコ良かった。

このメチャクチャ大変なアクションを本気で作ろう!という心意気が好きだし、本気で作った心意気が好き。

ALIVE
榊英雄と坂口拓の夢の対決も、
VERSUS 』での興奮がない。

監督:北村龍平
出演:榊英雄, りょう, 小雪,小田エリカ, ベンガル

密室劇での物語が展開されるが、画面も物語も暗い。暗くてもイイんだけど、アクションも暗い。

榊英雄と坂口拓の夢の対決で、大興奮ってなわけにはいかなかった。

VERSUS ヴァーサス』では、二人とも人殺しの顔をして、殺気だっていたではないか?!

VERSUS ヴァーサス』が好き過ぎて全然物足りない。

『ザ・レイド GOKUDO』
アクションは文句なしに凄い!
でも日本人キャストいらんやろ。

監督:ギャレス・エヴァンス
出演:イコ・ウワイス, ティオ・パクサデウォ,アリフィン・プトラ, 遠藤憲一



このシリーズのアクションには文句ない。マジで殴ってるやろ?というシーンが何箇所かあったし、もうここまでやられたらお手上げ。カーチェイスもスゴイし、全部スゴイ。

イチャモンを言いたいわけじゃないけど、アクションが素晴らし過ぎるがゆえに気になったところがある。この映画はすごくシリアスな展開で、コメディー要素がない。だけど敵役の武器で、金属バットの男とカナヅチを二つ持った女が現れる。「え?」って疑問が脳裏をよぎる。

「拳銃で撃ったら早いやん」って。

拳銃使わずに、わざわざ金属バットとカナヅチって??これが『キルビル』ならわかる。コメディー要素があるし、色んな武器で戦う面白みがあるから。でも、この『ザ・レイド』は、めっちゃシリアスやで。そのアクションシーンも映画として面白いからイイんだけど・・・。

あと、日本人の極道いらんやん。日本人の極道と、アクションするなら全然面白いけど、日本人は何もしない・・・。カッコつけてるだけ。銃撃戦ぐらいしなさいよ。しないなら、出さなくていいよ。まどろっこしい。

でもアクションは最高です!!

荒神
題材は面白い。
でも物足りない。

監督:北村龍平
出演:大沢たかお, 加藤雅也,魚住佳苗, 榊英雄, 坂口拓

北村龍平監督といえば、発言にしろ、映画に取り組む姿勢にしろ、すごいパワフルでカッコイイ。ハッキリ言って好きだし作品も気になる。『VERSUS ヴァーサス』のDVDもアマゾンで買ったし、自主映画『ダウン・トゥ・ヘル』も注文した。著書も読書中だ。だからこそ感じる物足りなさ。

比較するもんじゃないけど、『VERSUS ヴァーサス』や勝新太郎の『座頭市』の方が、魂を揺さぶってくれた。

題材は面白い。ずっと続く怪しい雰囲気と、最小限の出演者で、大沢たかおと加藤雅也の攻防が面白い。でも物足りない・・・。

関連記事

  1. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U 』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 『キングダム』『スノー・ロワイヤル』を観たのだ。

  3. 最近観た映画4本。『ゆきゆきて、神軍』『カリートの道』他

  4. 最近観た映画4本。『ランボー』『タクシードライバー』

  5. 最近観た映画4本。『イレイザーヘッド』『バードマン』他

  6. 最近観た映画4本。素晴らしい監督たち。

  7. 映画『ハード・ターゲット』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 最近観た映画4本。『スリー・ビルボード』『メリーポピンズ』他

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP