注目の記事 PICK UP!

スタローン「クリード チャンプを継ぐ男」続編の監督降板(NEWS記事)

「クリード チャンプを継ぐ男」の続編で、自らメガホンをとることになっていたシルベスター・スタローンが監督を降板したことが明らかになった。

ってか、一作目の『クリード』も、スタローンが監督じゃないから全然驚く話題ではないんだけど、スタローンはやっぱり偉大ですね。

名作『ロッキー』からの流れで、『ロッキー』が終わったと思ったら、ロッキーのライバルであるアポロの息子、クリードの物語が始まった。

1976年、スタローンが脚本を書いて、主演・監督した『ロッキー』で、スタローンは一躍大スターになった。

この大人気シリーズも『ロッキー・ザ・ファイナル』で終止符を打ったが、ある日「アポロに息子がいたとしたら…」というアイデアを持った若きクリエイター、ライアン・クーグラーが訪れて、スタローンはその構想に魅了された。

当時、長編映画を撮ったことのなかったライアン・クーグラーは、この『クリード チャンプを継ぐ男』を監督して、大絶賛されて見事にチャンスを掴んだ。

そして『クリード』の続編でのスタローンの監督降板を自身のインスタグラムで明言したのだが、その言葉がまた痺れる!

「アドニス・クリードというキャラクターは新しい世代を反映している。だからこそ、彼の世代の監督が指揮をとることが重要だ」

「幸運にも、スティーブン・ケープル・Jr.という新たな才能が監督を引き継いでくれることになった。彼はこの物語を可能な限り共感できるものにしてくれるはずだ。マイケル・B・ジョーダンと2人で、ノックアウトしてくれる映画を届けてくれるはずだ」

スタローン、カッコエエ!!

自分自身が『ロッキー』でチャンスを掴んだように、『クリード』でまた若き才能ある監督にチャンスを与えている。

スタローンは、筋肉ムキムキアクション俳優ではなく、映画を愛する映画人なんですね。

また『クリード』の続編は、クリードの父親であるアポロを『ロッキー4』の試合で殴り殺したドラゴが関連したストーリーになっているという噂も!!

クリード対ドラゴの息子なんていう対決が観られるのかもしれない!!

それとも、ドラゴ登場か!!

めちゃんこ楽しみです!!

『クリード2』(原題)は、2018年11月21日に全米で公開。

 

関連記事

  1. 新型コロナでルーブル美術館、閉館。(NEWS記事)

  2. 最新作『呪怨』Netflixオリジナルドラマ、世界配信!(NEWS記事)

  3. 「第28回東京スポーツ映画大賞」授賞式(NEWS記事)

  4. 米ネットフリックス、時価総額1000億ドル突破(NEWS記事)

  5. 東スポ映画大賞ノミネート「アウトレイジ 最終章」4部門(NEWS記事)

  6. 2021年(第44回)日本アカデミー賞受賞結果!(NEWS記事)

  7. 2017年の日本公開映画「美女と野獣」が興行収入トップ(NEWS記事)

  8. コロナショックで映画館も苦境に陥る(NEWS記事)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP