注目の記事 PICK UP!

2022年(第45回)日本アカデミー賞受賞結果!(NEWS記事)

11日、第45回日本アカデミー賞授賞式が行われた。

第45回日本アカデミー賞最優秀賞

 

作品賞

 
『ドライブ・マイ・カー』
 

Amazon

Amazon Prime Video

 

主演男優賞

 
西島秀俊『ドライブ・マイ・カー』

 

主演女優賞

 
有村架純『花束みたいな恋をした』

 

助演男優賞

 
鈴木亮平『孤狼の血 LEVEL2』

 

助演女優賞

 
清原果耶『護られなかった者たちへ』

 

監督賞

 
濱口竜介『ドライブ・マイ・カー』

 

アニメーション作品賞

 
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

Amazon Prime Video

 

脚本賞

 
濱口竜介、大江崇允『ドライブ・マイ・カー』

 

外国作品賞

 
『007/ノータイム・トゥ・ダイ』

Amazon

Amazon Prime Video

 

音楽賞

 
岩崎太整、ルドウィグ・フォシェル、坂東祐大『竜とそばかすの姫』

 

撮影賞

 
四宮秀俊『ドライブ・マイ・カー』

 

美術賞

 
原田哲男『燃えよ剣』

 

録音賞

 
伊豆田廉明、野村みき『ドライブ・マイ・カー』

 

照明賞

 
高井大樹『ドライブ・マイ・カー』

 

編集賞

 
山崎梓『ドライブ・マイ・カー』

 

NEWSについてのコメント

 
今回の日本アカデミー賞は『ドライブ・マイ・カー』が席捲。

カンヌでの脚本賞や米アカデミー賞のノミネートなど話題沸騰なので、日本も放っておくわけにはいかない。

海外での評価前だったとしたら日本アカデミー賞がどんな評価をしたのかも気になるところ。

僕も『ドライブ・マイ・カー』は唯一観た作品。

カンヌで脚本賞を獲るのも頷ける細やかな作品である。

最優秀主演男優賞も『ドライブ・マイ・カー』の西島秀俊さんが受賞して、繊細な演技に文句ない。

最優秀主演女優賞は有村架純さんだが、受賞となった『花束みたいな恋をした』は観ていない。

大ヒットして評判もイイらしいが、なかなか観ることに躊躇する。若者の男女の恋愛映画を好んでチョイスすることがほぼない。そんなものを観て「わー、恋愛ってイイなぁ」と瞳をキラキラさせたくもないのだ。

「じゃあ、お前絶対に観るなよ!」と凄まれても困るのだが、言い返すのであれば「すみません!観させて下さい!」と泣きながら懇願するだろう。ということで近々観てみよう。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』も観ておらず。

「エヴァ」はTVシリーズを数話観ただけだが、全てを網羅するのは時間が必要になってくる。いずれは観ることになるかもしれないが、まだまだ先の未来のことである。

昨年度の日本アカデミー賞の時でも「『鬼滅の刃』を観なければ!」と言っていたが、こちらも数話観てストップしている事態だ。

話題になった作品と自分の観たい作品を追い続けるのは大変ではあるが、出来る限り観ていきたい。

関連記事

  1. 第75回ゴールデングローブ賞結果発表!(NEWS記事)

  2. 7億円のゴッホの絵、盗難。新型コロナで休館中の美術館。(NEWS記事)

  3. 葛飾北斎『生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」』(NEWS記事)

  4. 日本映画監督「ロイヤリティ1.75%は世界最低」(NEWS記事)

  5. バンクシーなら落書きも合法?東京都の矛盾対応(NEWS記事)

  6. 2019年(第42回)日本アカデミー賞受賞結果!(NEWS記事)

  7. 2020年(第43回)日本アカデミー賞受賞結果!(NEWS記事)

  8. 動画配信サービス『ディズニー+』が契約者数2800万人を開始3ヶ月で突破!!(NEWS記事)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP