注目の記事 PICK UP!

俺も観ていた『チェイス』配信停止?どーなる??

Amazonプライムで配信していたドラマ『チェイス』。

全7話の配信で俺も6話まで観ていたのに、盗作疑惑で現在最終話の7話目が配信停止になってやがる。

実はドラマの盗作疑惑で配信停止になりそうだったので、配信停止になる前に観ておこうと思って観ていた。そしたら、最終話を配信停止って?!どんだけ嫌がらせやねん!

 

『チェイス』の盗作疑惑の内容は以下の通り。

 
清水潔氏のノンフィクション『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』と酷似しているとの指摘が多数届いたことで、新潮社は今月18日、17日付の書面で即時中止を申し入れたと発表。

『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』

清水 潔  (著)

Amazon

『殺人犯・・・』は栃木、群馬県境で女児5人が殺害されるか行方不明になった事件を追った作品。

『チェイス』はフリージャーナリストらが27年前の連続幼女殺人事件に迫るサスペンスで、新潮社によると『殺人犯・・・』とストーリー展開や情景描写、セリフなどで共通点、類似点が多数あったという。

 

『チェイス』
真相を追うドラマ自体が、
疑惑の闇に包まれた。
監督:深川栄洋
出演:大谷亮平, 本田翼, 岸谷五朗, 羽田美智子

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

あらすじ

 
ある事件をきっかけに27年前の5つの事件の矛盾に気付いたBS局に務める麻衣(本田翼)は、番組企画として“未解決事件の検証番組”を提案する。

提案は却下されるが、その企画に可能性を感じた上司の長谷川(岸谷五朗)は、長い付き合いの敏腕フリージャーナリスト三上(大谷亮平)を麻衣と引き合わせる。

お互い馬が合わないと感じる三上と麻衣だったが、手探りの中で調査を進めている内に、服役中の人間が“冤罪”ではないかという仮説へとたどり着く。

当時のDNA鑑定は本当に正しかったのか?冤罪だとすると真犯人は?

警察、科警研、司法、あらゆる国家権力が絡み合う“絶対に触れてはいけない”タブーに、数々の苦難を超えてBS放送の小さな報道番組が真実に迫る。

 

感想

 
大谷亮平という役者のことを実は知らなくて、「野球選手じゃなかったっけ?」と思っていたが、なかなかカッコイイ役者だった。

役柄の設定はありきたりだが、さすがAmazonプライムなだけあって、テレビの連ドラを観ているよりは面白い。・・・盗作疑惑のドラマだけども。

日本のテレビドラマのレベルが低い中で、ネット配信のドラマはしっかり作っていると感じる。

ますますテレビ離れが進むだろう。

ただ何となく付けて垂れ流しでテレビを視聴している姿勢と、ネット配信で課金して番組を視聴している姿勢は全然違う。

『チェイス』は事件を解明していく物語だが推理ものでもない。

一話が30分程度なので、テンポも良く非常に見やすい。

レビューを書こうと思ったが、最終話を配信してくれない限りは書こうに書けないではないか。

このドラマは冤罪を扱っているが、盗作が冤罪であるかどうかの真意はまだ判明されていない。真実を探すジャーナリズムのドラマ、このドラマ自体が疑惑の闇に包まれてしまった。

永久に最終話は観れないのだろうか・・・?

 

追記

2018年11月から第1章の最終話までの配信と第2章の配信をしています。

お蔵入りにならずに済み、僕も全ての配信を観ることが出来ました。

第2章も面白かったですYo!

関連記事

  1. 最近観た映画4本。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』レオ様の変貌に拍手。

  2. 映画『ROKUROKU』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 『アリータ:バトル・エンジェル』『アクアマン』を観たのだ。

  4. 映画『レザーフェイス‐悪魔のいけにえ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. ドラマ『元彼の遺言状』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 『北斎漫画』『タキシード』を観たのだ。

  7. 『イエスマン “YES”は人生のパスワード』『ジョン・ウィック』を観たのだ。…

  8. 映画『モスラ対ゴジラ』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP