注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。『イレイザーヘッド』『バードマン』他

っと冬の寒さが終わりかけてきた。

コタツに潜り込んで、映画鑑賞するしかなかったからね。

『イレイザーヘッド』
意味不明、理解不能だけど、
それだけでは片づけれない。

監督:デヴィッド・リンチ
出演:ジャック・ナンス,シャーロット・スチュワート,アレン・ジョセフ

よくわかんねぇ~、とその言葉だけでは片づけられいほど不思議と見入ってしまう作品。面白いとは違うくて、何なのコレ?の連続で不可思議な世界観。

映画を観終わってから、映画評論家の町山智浩さんの解説を聞いて、何となく描こうとしていた作品がわかった。リンチ監督自身が、4年半かけて撮った映画で、映画とは関係ない仕事をして働きながら、夜中に映画を撮って、それ以外の時間は寝てるという社会と断絶していた時期らしい。そんな時期に子供が生まれて、子供を怪物のような存在と思い、悪夢をいっぱい見たらしい。

イレイザーヘッドは、リンチ監督自身の映画なんだよね。

ってか、映画を観ただけで、そんな裏話知るか!

でも非常に良く出来ている。決して支離滅裂じゃなくて、すごく丁寧に考えこまれて、撮ってるという印象を受ける。

『バレット』
筋肉ムキムキで哀愁ある演技。
アクションしてくれるだけで嬉しい。

監督:ウォルター・ヒル
出演:シルベスター・スタローン, サン・カン,ジェイソン・モモア, サラ・シャヒ

殺し屋の役で、見た目はかなり年老いてしまったが、筋肉は不自然なほどに血管が浮き上がり隆々。そして人間臭さと哀愁ある演技で、またカッコ良さを演出している。

韓国のサン・カンという若い役者が刑事で、スタローンは殺し屋で、何故かコンビを組んで戦う。

物語はたいした驚きはないが、スタローンがアクションしてくれるだけで嬉しい。

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
驚きの撮影技法は、
物語に集中出来ないマイナスもある。

監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
出演:エドワード・ノートン, エマ・ストーン,マイケル・キートン, ザック・ガリフィアナキス

映画の撮影技法は驚きの、そのほとんどが長回しのワンカットで撮影しているように見えて、どこで区切りがあるのかがわからない。物語自体が、演劇公演のステージや舞台裏を描いているので、ワンカットでまるで演劇を観ているかのように映画を進行させていくのは、面白い発想だし、そんな困難な事を実際にやる事もスゴイ。

しかし、その撮影技法ばかりが気になり、かえって物語の妨げになっていたりする。

カメラの動きや演者の動きばかりが気になる。

物語も悪くないし、面白いシーンも沢山あった。ただ「ステージで芝居をしている作品」の質は、そんなスゴイものではない。売れない芝居の公演をしている設定の時はイイが、絶賛されるという設定ならば、どこが?って思ってしまう。劇中劇で手を抜くと、その感動はウソになる。

予兆 散歩する侵略者 劇場版
異様な不気味感はさすが!
面白かったけど長いかな。

監督:黒沢清
出演:夏帆, 染谷将太, 東出昌大,渡辺真起子, 中村まこと

140分というのは長いかな。全5話のドラマ版を劇場版にしたものだから、それも仕方ないけど。90分なら最高でした。黒沢清監督の異質な不気味感は、確かに無言の間とかもあるから、どうしても長くなりがちになるのは仕方ない。物語の面白さは、長澤まさみと松田龍平の『散歩する侵略者』よりも面白かった。でも140分は長い。

夏帆と染谷将太の夫婦は、すげー違和感があったけど、そーいえば『みんな!エスパーだよ!』の二人か。

作品が変われば、変わるものだ。

ふわふわとカーテンのゆらめきとか、光と影の揺れとか、異質な音とか、黒沢清監督の演出はさすがでした。

関連記事

  1. 映画『地獄少女』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 最近観た映画4本。『ゆきゆきて、神軍』『カリートの道』他

  3. 最近観た映画4本。竜二と座頭市。

  4. 映画『キングコング対ゴジラ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 最近観た映画8本。『バリーリンドン』最高!

  6. 映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 最近観た映画4本。ジョン・カーペンターの魅力。

  8. 最近観た映画4本。園子温監督作品まだまだ観るよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP