注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。『未来のミライ』『MEG ザ・モンスター』他

田守監督の最新作となれば劇場に観に行こうかと迷った。

作品の善し悪しを語るには劇場へ足を運んだ人だからこそ説得力がある。
だが劇場に足を運ばず、結局レンタルDVDで細田守監督の最新作『未来のミライ』を観た。

説得力はないが、「あー、レンタルで良かった」そう胸を撫でおろしたのだった。

『未来のミライ』
何でもアリのやりたい放題。
ブッ飛び過ぎた細田イズム。

監督:細田守
出演:上白石萌歌, 黒木華, 星野源

Amazon

Amazon Prime Video

細田守監督の新作、楽しみにしていた作品。

子供がいる親の立場なら自分の子供に投影して、涙したり笑えたりするのかもしれない。

しかし泣けもしないし笑えもしない。あまりにもブッ飛び過ぎ。何もかもやりたい放題。

細田守監督の人の良さは滲み出るほど伝わり人間性は素晴らしい人だと思うが、全くもってついていけない世界。

未来から来たミライとペットの犬と、くんちゃんという4歳の男の子と、パパに存在がバレないように隠れながら「ひな人形を片付ける」というミッションを遂行するためにドキドキハラハラ皆でチカラを合わせて頑張るシーン、「いやいや、未来から来たミライよ!パパが部屋にいない時に来ればイイやん!」。

細田守監督の想像力が豊かなのはスゴイが、ただのやりたい放題。

全然ついていけない。

強い風に吹かれてみたり、雨に打たれ転んでみたり、空を飛んでみたり、風景は変わり放題、好き勝手にやっているだけ。

くんちゃんの声も4歳の男の子には聞こえない。

となりのトトロ』のメイは子供の無邪気さがすごく可愛いけど、未来のミライ』のくんちゃんは子供の無邪気さがなかなかウザイ。

 

要塞警察
夜の闇の中、音のない銃撃。
逃げ場のない恐怖の死闘!!

監督:ジョン・カーペンター
出演:オースティン・ストーカー,ダーウィン・ジョストン, ローリー・ジマー



Amazon

父親と娘、ほのぼのとした幸せの風景、アイスクリーム屋での銃殺シーンは冷酷かつ残忍で衝撃的でシビれた!

移動準備中の警察署で警官や死刑囚、女性職員数人だけで襲ってきたギャング集団と戦うという、なかなかの心躍る設定も最高だ。

ギャング集団の警察署に向かって撃ち込まれるサイレンサーでの銃弾は迫力には欠けるものの、音もなく人を殺すというシーンは音がない不気味な恐怖感は増幅する。

夜の闇の中から銃弾だけが迫ってきては血の雨が降り注ぐ。

ジョン・カーペンター監督遊星からの物体X』の得体の知れないエイリアンと無我夢中で必死に戦う人たち、そんな恐怖と通ずるものがあった。

 

『六月の蛇
ブルーの色彩と六月の雨。
黒沢あすかの全裸とハゲ頭。

監督:塚本晋也
出演:黒沢あすか, 神足裕司, 塚本晋也

 

Amazon

電話相談室で相談に乗っている黒沢あすかが、自殺を止めた男から脅迫を受けるようになる。黒沢あすかの自慰行為の写真を盗撮していた塚本晋也演じる変態男に、「電動こけしを買ってこい」と言われ怯えて震えながら電動こけしを買いに行く黒沢あすか。

何という馬鹿げた脅迫だろうか!!

そんな馬鹿げている脅迫を大真面目にしている塚本晋也と、馬鹿げている脅迫に怯え悶えている黒沢あすか。堂々とスキップして電動こけしを買い、嬉々として電動こけしを使用していたら一体どうなっていたのだろうか?

モノクロ調なブルーの色彩で妖艶で美しい映像と六月の雨が、映画をドラマティックに演出する。

雨に打たれながら全裸になり自慰行為をする黒沢あすかの女優魂と美しさに圧巻。

旦那役の男が、わざとらしい棒読みで、思いっきりハゲ頭であることも映画の持つ雰囲気を妖しくしている。

ハゲ頭が大勢出てくるシーンはシュールだが最高にアート。

カッコイイ紳士を旦那役にキャスティングしなかったことが塚本監督の憎らしいセンス。

エロティシズム、性欲、一歩間違えれば笑えるコメディーを真っ向から大真面目に撮り妖しくて美しい作品に完成させている。

 

『MEG ザ・モンスター
デカイが迫力はない。
悪くはないけど大味。

監督:ジョン・タートルトーブ
出演:ジェイソン・ステイサム

Amazon

Amazon Prime Video

ジョーズ』という大ヒット作がありつつもサメ映画に挑んで、世界中で大ヒットさせた功績はスゴイ!

本作に登場するサメは、とにかくデカイ。デカイが、ただそれだけの気がしてならない。すごく大味な映画。

サメが暴れ、ジェイソン・ステイサムがカッコ良く活躍をする単純明快な映画。退屈な映画ではないが、ずっと物足りない。

「登場人物が無駄に多いなぁ」と思うが、サメと戦う時は逆に「そんなに少人数で大丈夫?」って気になる。

大型の潜水艦がサメの攻撃でボロボロになるのに、何でそんな小型な乗り物で戦うんだ?!

そんな疑問がいっぱいで集中出来ない。

もっと大人数で、もっとデカイ乗り物で、もっと破壊力のある攻撃すればイイやん!!なんでサメが食べやすい一口サイズのスッポリ入る乗り物で立ち向かっているのかは不明。デカイ乗り物をデカイサメがぶっ壊すからこそ、サメの恐ろしさが出るのではないか。

不謹慎ではあるが映画の世界ではサメがバンバン容赦なく人を喰った方が観ている人も面白いはず。大人の事情なのか?それほど多くサメに食べられない。サメが人を喰い散らかす残酷表現がいっぱいあった方が個人的には嬉しい。

海水浴場でサメが人を喰い散らかし、手足が喰いちぎられ生首が浮かぶ真っ赤な血の海になれば最高であった。

デカイだけで迫力もなく、人間ドラマに感情移入することもない。退屈な映画ではないが、もっと大暴れして欲しかったのは否めない。

 

関連記事

  1. 最近観た映画4本。アクションもの、てんこ盛り。

  2. 映画『チャイルド・プレイ/誕生の秘密』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。『竜二』は、やっぱりカッコイイ!

  4. 『ハード・コア』『散り椿』を観たのだ。

  5. 映画『エイリアン』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 最近観た映画4本。園子温監督中毒。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP