注目の記事 PICK UP!

『ザ・ファブル』『ザ・フォーリナー/復讐者』を観たのだ。

クション、岡田准一クンのアクション、ジャッキー・チェンのアクション。アクション映画は気持ちを高揚させてくれる。

僕の少年が歓喜するのだ。

それでは、映画のレビューを。

『ザ・ファブル
コメディー部分は肩透かしであったが、
ラストのアクションが最高に良かった。
監督: 江口カン
出演:岡田准一木村文乃山本美月

Amazonで探す

Amazon Prime Videoで観る

映画の内容云々の前に、今更だけど岡田准一クンって凄い

あんまり岡田クンの映画は観てないけれど、重厚な作品でも主役張るし何よりも日本においてのアクション俳優としてのスキルが高すぎる。

スタントなしで、ここまで出来る役者は中々いない。

漫画原作ものの本作だけど原作は未読です。未読なので先入観なしで本作を堪能することに。

本作の最大の見どころは、「超一流の殺し屋が、一年間一般人としてフツーの生活をする」というところである。そこをコメディータッチで描くので面白さ痛快ということになる、・・・はずだった。

結論から言うと、最後のアクションシーンは最高に良かった!!しかしコメディー部分は肩透かしで笑えず、緊張と緩和によるメリハリも上手くなかった。

全然面白くないお笑い芸人のファンで大笑いする岡田クンであるが、本来なら観ている側にとって面白いシーンになるはずが笑えない。

猫舌のくだりも笑えない。木村文乃が猫舌の岡田クンに「フーフー」してあげるシーンがあるが、不思議そうな顔をして声を出しながら慣れない感じで、わざとらしく「フーフー」と息を吹きかける。岡田クンとの相棒である設定なのに、何故不思議そうな顔で息を吹きかけたのか。相棒ならば当然、猫舌であることを知っているはずである。

漫画原作ものだから漫画のキャラというのもあるが、木村文乃が演じるハイテンションが耳障りで仕方ない。どうしても女性のキャーキャーうるさい声は苦手なのだ。

また「フツーの生活をする」という設定を上手く活かしきれていない。もっと周囲の人たちにバカにされナメられて、その落差によって後から発揮される強さが時折観れれば痛快であったのだが。

緊張と緩和による緩和の部分がイマイチであったが、岡田クンのアクションは最高にエモーショナルであった。

スピード感と相手を仕留める正確さ、『ジョン・ウィック』的なアクションとプラスして、「相手を殺さない」という制限のある中でのアクションは非常に見ごたえがあった。

岡田クンのアクション映画は、今後追って観て行きたいと思った。

『ザ・フォーリナー/復讐者
テロ集団に一人で立ち向かう。
復讐と哀愁のシリアスなジャッキー。

監督: マーティン・キャンベル
出演:ジャッキー・チェンピアース・ブロスナンオーラ・ブラディ

Amazonで探す

Amazon Prime Videoで観る

無差別テロによって娘を失った悲劇の復讐を果たすために、シリアスな面持ちでジャッキー・チェンがテロ組織に立ち向かう。

「老いぼれ」とナメられてしまうジャッキーに、僕の気持ちもやりきれない。僕の少年時代のヒーローであるジャッキーが老いていく姿は観たくない現実だが、その「老いぼれ一人」をナメていたテロ集団は思わぬ手を焼くことになる。

いささか哀愁が漂うジャッキーだが、アクションをして活躍する姿にはやはり興奮するものだ。

欲を言えば、もっとカンフーを観たかった。

敵は皆そんなに頭も良くないし強くもない。

監督は『007』シリーズを撮っていたマーティン・キャンベルで、その主演を務めていたピアース・ブロスナンがジャッキーと敵対する。

それならば、もっとお互いのジリジリとした大いなる対決を観たかった思いもあるが、楽しめる映画であった。

関連記事

  1. 最近観た映画4本。日本の良き監督たち。

  2. 映画『大脱出3』ネタバレ・あらすじ・感想。バカヂカラの脱出劇3。

  3. 最近観た映画4本。アル・パチーノさん最高です。

  4. 映画『太陽の塔』を観てきたのだ。

  5. 『愛なき森で叫べ』『ランペイジ 巨獣大乱闘』を観たのだ。

  6. 『運び屋』『十二人の死にたい子どもたち』を観たのだ。

  7. 『イエスマン “YES”は人生のパスワード』『ジョン・ウィック』を観たのだ。…

  8. 映画『 IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP