注目の記事 PICK UP!

映画『アンダーワールド』ネタバレ・あらすじ・感想。

『アンダーワールド』シリーズ一作目を観る。

『アンダーワールド』
どうしたってヴァンパイアがカッコイイ。
「狼男」には美しい「狼女」はいない。
監督:レン・ワイズマン
出演:ケイト・ベッキンセールスコット・スピードマンビル・ナイ

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
何百年にわたって続く吸血鬼<ヴァンパイア>と狼男族<ライカン>の壮絶な闘いが、人知を超えた世界“アンダーワールド”を舞台にして、ヴァンパイアのヒロインと人間の青年との禁断の恋の物語を描いたゴシック・サイバー・アクション。

“ヴィジュアル・ウィザード”と呼ばれるMTV界出身の鬼才、レン・ワイズマン監督のデビュー作。

『パール・ハーバー』のケイト・ベッキンセールが主演を務める。

2003年製作/121分/アメリカ
原題:Underworld
配給:ギャガ=ヒューマックス

 

あらすじ

 
ブラックレザーのロングコートに身を包んで夜の街を見下ろす一人の美女は、ビルの屋上からコートをはためかせて、静かに地上に着地した。

彼女の正体は、ヴァンパイアの女戦士セリーン。

彼女は長年戦い続けてきた宿敵であるライカンが、マイケルという若い人間の医師を執拗に追いかけていることに気付いて不審に思う。

セリーンは一族の現リーダーでクレイヴンにライカンの不穏な動きを報告したが、彼はたいした問題ではないと片付ける。

しかし彼女は、ライカンが良からぬ陰謀を画策していると直感して、マイケルを追いかけるのと同時に彼女は、いつしか自分がマイケル自身に興味を抱いていると感じて、戸惑いを覚えていた・・・。

 

感想

 
『アンダーワールド』シリーズを一作も観ていなかったので観ていこうと思う。

ヴァンパイアとライカンと呼ばれる狼男の対決を描いているが、圧倒的に不利だと感じるのは狼男である。

ヴァンパイアがどうしたってカッコイイのである。狼男は狼に変身するというダサい工程を通過しなければいけない。狼男に変身することはカッコイイと思えない。人間の姿から明らかに獣になって「ガオォー!」と吠えるのは、知性は失われてダサい化け物になるのだ。

対決となればお互いのカッコ良さを引き出しつつ、「敵役でありながらカッコイイ」と思わせるような描き方をしていれば良かった。

狼男が敵対する「悪」だとするならば、悪役の魅力、悪役のカッコ良さがあるものだ。むしろ悪役に魅了されることもある。

さらに言うならば、ヴァンパイア族の主人公はカッコイイ女性である。戦うヒロインとして応援せざるを得ないが、狼男って「男」だから美しい女性が存在しない。

シリーズ一作目しか観ていないので何とも言えないが、やはり敵対するならば「狼男」側にもカッコイイ女性が欲しいものである。それがライバル同士となって物語を盛り上げてくれれば楽しいが、「狼男」があるゆえに「狼女」は現れないのだろうか。

「狼女」が現れたとて、やはり結果的に獣に変身してしまうのだから、ビジュアル面では不利であろう。

現在、シリーズ5作あるので、とりあえずは5作追いかけて観ていこうと思うといったところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『NEXT ネクスト』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『ツィゴイネルワイゼン』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 『運び屋』『十二人の死にたい子どもたち』を観たのだ。

  4. 最近観た映画4本。それぞれのパニック映画。

  5. 映画『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『怪獣大戦争』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 最近観た映画4本。『スティーブ・ジョブズ』、『漫才ギャング』他

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP