注目の記事 PICK UP!

自主制作アニメ『マーダーゴリラ』一人で作ったショートフィルム

ケあって、アニメ作品を作ってみた。

マーダーゴリラ

 
実はアクション系の「走る」映画を撮ろうと思っていた。

しかし、どうもカラダがダルい。

それもそのはずである。朝方までレモンサワー500mlのアルコール度数9%を三本飲んで、午後に起床したからである。

さすがに「走る」気力が起きない。

何といっても冬の寒さが大いに苦手なのだ。

そして、コタツに潜り込みながらYouTubeを観ながら考える。「どーにかして違う撮影が出来ないものか?」と。

幾つかのアニメ作品を観ながら、「おー、アニメでも作るか」と頭をよぎった。

会話劇なら、すぐに作れそうだ。

それにアニメ作品は大きなメリットがある。寒い寒い、外に出なくてイイのだ。コタツに潜り込んで、絵を描くことが出来るではないか。

速攻でアニメ作品を考えて作ることにしたが、「会話劇」というのは、なかなか厳しいのではないか。

ヘタすると、「すご~くサムい」アニメになって、大滑りしてしまうのではないだろうか。

そんな不安が脳裏をよぎり、そんな恐怖にガクガク震えて、そんな意気地のなさが僕を八つ裂きにする。

そこで思い付いたのが、「殺人ゴリラ」である。

登場人物二人の会話の中で、「殺人ゴリラ」についての話題が出る。

その二人の前に「殺人ゴリラ」が現れるのだ。

それだけでは作品自体のパンチが弱い気がして、実写で「自分自身」が登場してみることにした。

アニメと実写の融合である。

実写の僕が、アニメの「殺人ゴリラ」に遭遇するのだ。

週に一本のペースで自主映画を作っているゆえに、大急ぎでアニメのアイデアを考えて、大急ぎで絵を描いて、大急ぎで実写の撮影をして、大急ぎで編集をしなければいけない。

とか言いながら、ぬくぬくとコタツで温まりながら絵を描く。

こんな寒い時期に「外で走ってなんかいられない」。

「いやぁ、アニメ作品ってイイなぁ!冬の間は部屋の中で自主映画を作ろうかなぁ!」と、アルコール飲んでカラダがダルくなったことをキッカケに、自主映画作りスタイルを変更しようと急旋回な舵取りをする。

「これは、ただのぐうたら男のセコい発想ではないだろうか」、そんな後ろめたさはない。

冬が苦手なのだ。

本来ならば冬眠していたいぐらいである。

暖房の効いた部屋で作品を作れるのであれば、それに越したことはない。

そんなこんなで急な思い付きではありますが、アニメ作品『マーダーゴリラ』をご覧下さいませ。

 

『マーダーゴリラ』 

上映時間2分52秒

関連記事

  1. 『5minutes』一人自主映画

  2. 短編映画『ハッピー・タランチュラ』一人で撮影した自主映画

  3. 【紫陽花と地蔵菩薩】詩画作品

  4. 『BURST バースト』クランクアップ!!

  5. 短編映画『ドラゴンマックス』一人で撮影した自主映画

  6. 短編映画『憂鬱なカラス』一人で撮影した自主映画

  7. ショートフィルム『リミット&ラン』一人で撮影した自主映画

  8. 『やめて。2 ~ホラーTVシリーズ~ 』見どころ・解説!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP