注目の記事 PICK UP!

映画『蛇イチゴ』ネタバレ・あらすじ・感想。

迫さんの初主演作を観た。

『蛇イチゴ』
映画の独特なリズム。
お調子者の長男が上手くハマる。
監督:西川美和
出演:宮迫博之つみきみほ平泉成

Amazon

Amazon Prime Video

 

解説

 
28才の新鋭、西川美和のオリジナル脚本に是枝自らが惚れ込んだ、是枝裕和が初プロデュースする「是枝プロジェクト」の第2弾。

本作が映画初主演となるお笑いコンビ“雨上がり決死隊”の宮迫博之が出演。

『櫻の園』『コンセント』のつみきみほが共演。

2003年製作/108分/日本
配給:ザナドゥー

 

あらすじ

 
慎ましくも平穏な日々を送っていた明智一家。

優しい母に、働き者の父。呆けてはいるが明るい祖父。

幼い頃から正義感の強いしっかり者の長女・倫子は、現在は小学校で教師をしており、同僚で恋人の鎌田との結婚を控えている。

だがある日、痴呆の進んだ祖父が亡くなり、その葬式に10年間も行方知れずだった長男・周治が舞い戻って来た。

一家の和やかな雰囲気が一変して、明智家の平穏さの裏に隠されていた嘘と欺瞞が、小さな亀裂から次々と噴出しはじめる。

やがて世渡り上手の周治は、家族に内緒で多額の借金をしていた父の窮地を救い、家に迎えられるのだが、倫子だけはお調子者の兄をどうしても受け入れることが出来ずにいた。

 

感想

 
雨上がり決死隊の宮迫さんがYouTube内で、「台本5ページで出演を決めた」作品として語っていたのが『蛇イチゴ』。

当時、仕事が多忙であった宮迫さんは「主演で映画を撮る時間なんてない」とノリ気ではなかったが、台本をペラペラと読んだ瞬間に出演を即決したという。

そんなトークを聴いていたら、この『蛇イチゴ』を観たくなって観ることにした。

行方知れずだった問題ありの長男が葬式会場で家族と再会を果たすが、父親も父親で問題ありで、口達者な長男がいることによって助けられたり、家庭内のいざこざが露わになっていく過程を楽しめる作品。

若かりし頃の宮迫さんは、確かに魅力的な役者である。芸人が本業ではあるが、元々役者志望であったことを考えてみても、「良き役者」である。

芸人のイメージがどうしても拭いきれないので、作品を観るにあたって邪魔になってしまうが、芸人であることを忘れて観てみると、こんな個性を持った役者は他にいない。

調子のイイ長男を軽快に演じて、周囲を巻き込みながら自分のペースに持っていく様子は、お見事である。

自分勝手なように見えて、家族のことを考えているようにも見える得体の知れない存在を上手く演じていた。

物語も大きな起伏があるわけではないが、終始独特なリズムで飽きずに観ることが出来る。

コント等でそもそものポテンシャルを持っている、お笑い芸人の才能は凄いことである、ってなところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『エイリアン2』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『ホムンクルス』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。良作揃い。刺激を受けるぜ。

  4. 映画『呪怨2(ビデオオリジナル版)』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. ドラマ『ライジング若冲~天才 かく覚醒せり~』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 最近観た映画4本。全部、喰っちゃうね!

  7. 映画『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃 』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 日曜劇場『半沢直樹』を観たのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP