注目の記事 PICK UP!

2021年(第44回)日本アカデミー賞受賞結果!(NEWS記事)

3月19日、東京都内で第44回日本アカデミー賞が開催された。

第44回日本アカデミー賞最優秀賞

 

作品賞

 
『ミッドナイトスワン』
 

 

主演男優賞

 
草彅剛『ミッドナイトスワン』
 

 

主演女優賞

 
長澤まさみ『MOTHER マザー』
 

 

助演男優賞

 
渡辺謙『Fukushima 50』
 

 

助演女優賞

 
黒木華『浅田家!』
 

 

監督賞

 
若松節朗『Fukushima 50』
 

 

アニメーション作品賞

 
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
 

 

脚本賞

 
『罪の声』野木亜紀子
 

 

外国作品賞

 
『パラサイト 半地下の家族』


 
Amazon

 
Amazon Prime Video

 

音楽賞

 
梶浦由記、椎名豪『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』
 

撮影賞

 
江原祥二『Fukushima 50』

 

美術賞

 
瀬下幸治『Fukushima 50』

 

録音賞

 
柴崎憲治、鶴巻仁『Fukushima 50』

 

照明賞

 
杉本崇『Fukushima 50』

 

編集賞

 
石井巌、石島一秀『男はつらいよ お帰り 寅さん』

 

NEWSについてのコメント

 
作品賞&主演男優賞で『ミッドナイトスワン』がガツンと来たが、現時点での僕はまだ観ていないし、内容も知らない。

いずれ観る作品ではあると思うが、内田英治監督×草彅剛による見事な化学反応が起きた作品だ。

役者・草彅剛は最近では定評のある存在で活躍しているが、当初はSMAP内でも一番目立たない存在であったと思うが、長く継続して活動をすることは今回の最優秀主演男優賞のように大きな実を結ぶことにもなるのだと、まざまざと見せてくれた。

草彅剛さんの最初の主演作はテレビドラマ『いいひと』であった。

いいひとから任侠まで演じた草彅剛さん。


そして今回『ミッドナイトスワン』では新たなる新境地を開拓していったのだ。

最優秀主演女優賞では『MOTHER』の長澤まさみさん。

『MOTHER』に関しては僕も作品を観た。

役どころとしては挑戦しがいのある役だと思うが、僕個人の感想としては、この役柄に対して長澤まさみさんは美し過ぎたかなぁ~と思う。

これだけの美貌だと現実味に欠ける。

もうちょっとイイ男を掴まえて、幸せになる道はあったと思わざるを得ない。

その他、『Fukushima 50』が色々と受賞をしているが、こちらは未見。

今回はコロナ禍ということもあって、なかなか映画のラインナップを揃わなかったと思われる。

その中でも爆裂な大ヒットを生んだのがアニメーション作品『鬼滅の刃』だ。

『鬼滅の刃』に関してはコミックの大ヒットと伴って、コロナ禍においてのステイホームでネット配信によってアニメ版の『鬼滅の刃』を観た人たちが映画館に殺到した。

「マジで、コロナ何なん?」と思えるほど、大ヒットしたことが気持ちいい。

『鬼滅の刃』とコラボした商品は軒並みに売れて、コロナ禍でも経済を潤わせた『鬼滅の刃』の貢献度は凄い。

今、少しずつTVアニメ版を観ているが、劇場公開中に観に行けるだろうか。早く観なければ。

 

関連記事

  1. 『ハッピー・デス・デイ』監督最新作、『Freaky(原題)』米国版予告編公開!(NEWS記事)

  2. 最新作『呪怨』Netflixオリジナルドラマ、世界配信!(NEWS記事)

  3. 動画配信サービス『ディズニー+』が契約者数2800万人を開始3ヶ月で突破!!(NEWS記事)

  4. オイラも予約した『長渕剛』バンダイスピリッツがフィギュア化!!

  5. 東スポ映画大賞ノミネート「アウトレイジ 最終章」4部門(NEWS記事)

  6. 長渕 剛 feat. AI『しゃくなげ色の空』リリース(NEWS記事)

  7. 「第28回東京スポーツ映画大賞」授賞式(NEWS記事)

  8. 葛飾北斎『生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」』(NEWS記事)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP