注目の記事 PICK UP!

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』ネタバレ・あらすじ・感想。

たまた『東京喰種』が作られて観ることになったが、前作の記憶が曖昧でグールルールがよくわからなかった。

『東京喰種 トーキョーグール【S】』
ど変態美食家に注目。
グールのルールがよくわかんない。

監督:川崎拓也,平牧和彦
出演:窪田正孝,山本舞香,鈴木伸之,小笠原海,白石隼也

Amazonで探す

Amazon Prime Videoで観る

 

予告編

 

解説


「週刊ヤングジャンプ」で連載された石田スイによる人気コミックが原作の、窪田正孝主演で実写映画化されたアクションホラー第2弾。

人間社会に紛れ込んで食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族「喰種(グール)」が潜む東京で、喰種とのハーフであるカネキと喰種との対決を描く。

前作に引き続き主人公カネキを窪田正孝が演じる。

本作で登場する月山役を松田翔太。

ヒロインのトーカ役を新たに山本舞香がそれぞれ演じる。

2019年製作/97分/R15+/日本
配給:松竹

あらすじ


不慮の事故によって人を喰らわないと生きられない【喰種】と、人間のハーフになってしまった大学生のカネキ。

葛藤を抱えながらも、喰種たちが集う喫茶店「あんていく」でトーカや仲間と共に生活をしている。

ある日突然現れた男・月山習により、カネキは秘密の【喰種レストラン】に招待される。

月山は美食家〈グルメ〉と呼ばれる、史上最悪の喰種であった。

半喰種であるカネキを喰らうためには、どんなことも手段を選ばない月山。

喰種VS喰種の壮絶なバトルが繰り広げられる!

感想


松田翔太演じる月山は、まるで漫画のキャラクターのようにキザなのだが、元々漫画原作の実写化であったのだから、そりゃそうなのだけど「実際に現実でいたら浮き過ぎやろ」というぐらいキザ。

そして人間を喰らうグルメでありながら超ど変態。思いっきり演じ切っている松田翔太に拍手

この月山が窪田正孝が主人公のカネキを誘い出すシーンで、「次の日曜日、駅前で待ち合わせしよう」と言葉を残して去っていく。

え~!!情報少なすぎ!!ざっくり駅前と言われても、どこの駅のことを言っているのかもよくわからないし、それが共通して想像できる駅前であったとしても何出口か教えて欲しいし、それが共通して想像できる出口であったとしても、何時に待ち合わせか教えて下さいよ!何時に行けばいいの??せめてLINE交換してよ!・・・この後、カネキが働く喫茶店に電話でもして「○時に待ち合わせネ☆」なんていうやり取りがあったのかな???・・・なら、イイか。

月山のど変態っぷりは性犯罪者レベル。女性の下着の匂いを嗅いで興奮してるような感じで、カネキの血の匂いを嗅いで昇天しちゃっている。

カネキと喫茶店で一緒に働くトーカが、月山と対決することになる。ここまでのスピード感ある展開は本当に良かった。

月山の異常性もエスカレートして、カネキもトーカも二人がかりで戦っても月山には敵わない。カネキも腕と足をへし折られて、脇腹をえぐられて絶体絶命!トーカも腹部を貫通!あ~二人とも死んじゃった。月山の勝利。ハイ、もうこれで終わっちゃったと思ったら、二人とも死んでいない。

グールは人間の肉を食べると復活するらしい。トーカはカネキの肩を一口かじっちゃう。そしたら驚くべき回復力。もう一瞬で復活しちゃった。腹部が貫通されていたのにも関わらず。あー、もうルールがよくわかんないぞ。前作も観たけど正直あまり記憶になくてルールがよくわかんない。

テンポ良く進んでいた話がだんだんとテンポが悪くなってくる。カネキたちが絶体絶命のピンチなのに、月山が全然トドメを刺さないから死にかけている連中が全然くたばらない。そして勿体ぶって全然カネキを食べない月山。あなた何してるん??

こんなに不死身みたいなグールなんだけど、人間たちがグール退治をする銃には、あっけなく死んでいく。ルールがイマイチよくわかりません。

エンドロールで第三作目に続いていくような感じの匂わせ方であったので、その時は「また観よう」となんやかんや楽しみにしているということで、「カット、カット」。

関連記事

  1. 『人間失格 太宰治と3人の女たち』を観てきたのだ。

  2. 映画『三大怪獣 地球最大の決戦』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 甲南劇場で『マジカル・セックス 淫ら姫の冒険』を観てきたのだ!

  4. 最近観た映画4本。安藤サクラ、最高の女優だぜ。

  5. 『キングダム』『スノー・ロワイヤル』を観たのだ。

  6. 園子温監督『東京ヴァンパイアホテル』を観たのだ。

  7. 最近観た映画4本。黒沢清づくし。

  8. 北村龍平監督最新作『ダウンレンジ』を観てきたのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP