注目の記事 PICK UP!

映画『ミスミソウ』ネタバレ・あらすじ・感想。

撃的な映画『ミスミソウ』を観た。

『ミスミソウ』
勝手にバトルロワイアル。
残酷で美しい地獄絵図。
監督:内藤瑛亮
出演:山田杏奈清水尋也大谷凜香

Amazon

Amazon Prime Video

予告編

 

 

解説

 
『ハイスコアガール』『でろでろ』などの作者である押切蓮介の人気サスペンスコミックを、『ライチ☆光クラブ』の内藤瑛亮が監督で実写映画化。

閉鎖的な田舎に転校していじめの標的になった少女の復讐劇を描く。

『ミスミソウ』
押切蓮介  (著) 

Kindle

春花役を『咲 Saki』の山田杏奈が初主演。

彼女が唯一心を許せるクラスメートに『ちはやふる』シリーズなどの清水尋也が扮する。

大塚れな、中田青渚、片岡礼子、寺田農らが共演。

2017年製作/114分/R15+/日本
配給:ティ・ジョイ

 

あらすじ

 
東京から田舎の中学校に転校してきた野咲春花(山田杏奈)は、学校で「部外者」扱いされ酷いいじめを受けていた。

春花は唯一の味方であるクラスメイトの相場晄(清水尋也)を心の支えに耐えていたが、いじめはエスカレートして、やがて春花の自宅が激しい炎に包まれ家族が焼死するまでに発展した。

春花の心は崩壊して、壮絶な復讐劇が幕を開ける。

 

感想

 
何と言う地獄絵図だろうか。勝手にバトルロワイアルしている中学生による地獄絵図がおぞましく素晴らしく美しい。

雪降る地を舞台に繰り広げられるバトルロワイアルは、真っ白なキャンバスを真っ赤な血しぶきで芸術的に染め上げる。

死体は雪に埋もれて、冬の間はその姿を現すことはない。

さすがにイジメがエスカレートして家族を焼き殺された恨みは計り知れず、僕が主人公でも全員に片っ端から復讐して一緒に地獄を味わってもらうことになるだろうと共感する。

人を傷つける行為と更には人が痛みに怯え叫び狂う様子が、アクション映画とは違った真の痛々しさが伝わってくる描写なので、観ている者の緊張感まで張りつめて神経をプツリと切られる恐怖感が襲ってくる。

それにしても登場人物にまともな人がほぼいない。

どいつもこいつも狂ったヤツばかりである。

大人連中まで狂ったヤツばかりなので、子供たちが狂ってしまうのは致し方のないことだ。

ゲロばかり吐く教師は、何故か自ら外に飛び出して滑って転んで、除雪車に巻き込まれるというアホらしい地獄絵図を見せてくれる。

最初は「イヤなイジメ映画だなぁ」と思っていたが、全員狂ったバカが集まった中での殺し合い映画で、狂ったヤツが現れるたびに「お前もかいっ!」とツッコミを入れるしかない。

しかし残酷描写も非常に上手く表現されていて、ただのグロではない美しさのある映像世界で見応えのある映画であった、といったところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 『イエスマン “YES”は人生のパスワード』『ジョン・ウィック』を観たのだ。…

  2. 映画『ひとよ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『TENET テネット』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『悪人伝』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『アンダーワールド エボリューション』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP