注目の記事 PICK UP!

映画『スパイの妻 劇場版』ネタバレ・あらすじ・感想。

ェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した黒沢清監督の『スパイの妻 劇場版』を観たのだ。

『スパイの妻 劇場版』
シンプルな物語だが少々難しい。
黒沢清監督の演出に「お見事~!!」
監督:黒沢清
出演:蒼井優高橋一生坂東龍汰

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
2020年6月にNHK BS8Kで放送された黒沢清監督のドラマを、スクリーンサイズや色調を新たにした劇場公開した。

 

蒼井優と高橋一生が『ロマンスドール』に続いて夫婦役を演じた。

東出昌大、笹野高史らが共演。

『ハッピーアワー』の濱口竜介監督と野原位監督が黒沢清監督とともに脚本を担当。

第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した。

 

あらすじ

 
1940年の満州で、神戸で貿易会社を経営する優作(高橋一生)は、偶然恐ろしい国家機密を知る。

正義のために一連の出来事を明るみに出そうとした彼は反逆者と疑われ、妻の聡子(蒼井優)は夫を信じ、スパイの妻と罵られようとも、愛する夫と生きていくことを決意する。

そんな二人の運命を、太平洋戦争開戦間近の時代の荒波が呑み込んでいく。

 

感想

 
第77回ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した本作は、黒沢清監督の不穏な演出が嬉しい程に詰まっている。

脚本は黒沢清監督が少々と、大半は野原位監督とカンヌで脚本賞を受賞した『ドライブ・マイ・カー』の濱口竜介監督が担当しているので間違いない完成度。二人とも東京芸術大学で黒沢清監督の教え子だったというのだから、あまりにも優秀過ぎる。

物語的にはシンプルだと思ったが、1940年代を舞台にした時代背景なので、シンプルな割にわかりづらかった。

小難しい話を繰り広げているようで、紐解けば至ってシンプルだがわかりづらい。

「スパイの妻」というタイトルの持つイメージと、高橋一生の謎めいた役どころが、観る者にも「この人、何者??」と思わせてしまうからなのかもしれない。

蒼井優と夫婦関係でありながら、どこかしら冷めた高橋一生の立ち振る舞いと、熱心に自分の愛情をぶつける蒼井優の関係性にも何か違和感を覚えながら物語は展開されていくのである。

脚本の大半を野原位監督と濱口竜介監督が担当しているにも関わらず、黒沢清監督の演出が詰まっていて、脚本の持ち味を大いに引き出している。他の方が監督を務めていたのなら、さほど面白い作品には成り得なかっただろう。

水死体や拷問の爪剥ぎシーンの不気味さに、ニヤニヤしてしまう。

ロングショットの構図による長回しカットで、「男に尾行されている」と高橋一生が怪しんで街の中を警戒しながら歩き、その後を駆けつけてきた蒼井優を抱擁し、「尾行者かもしれない男」が二人の様子を伺い、それに気付いた高橋一生がカメラ前に寄って男を視線で追うシーンが非常に好きだ。

また本作の最大の名シーンである蒼井優の「お見事~!!」は、まさにお見事!

ラスト、文字で綴られる二人の行方に想像力を働かせる。

海外へ追った蒼井優が、実は生きていた高橋一生と再会する未来を勝手に想像してみよう、といったところで「カット、カット」。

 

関連記事

  1. ドラマ『あまちゃん』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『新 感染半島 ファイナル・ステージ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。『ボヘミアン・ラプソディ』『クリード 炎の宿敵』他

  4. Netflixアニメ『デビルマン crybaby』全10話を観たのだ。

  5. 映画『ステップファーザー 殺人鬼の棲む家』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『色即ぜねれいしょん』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 最近観た映画4本。良作揃い。刺激を受けるぜ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP