注目の記事 PICK UP!

映画『ある男』ネタバレ・あらすじ・感想。

カデミー賞を総ナメした『ある男』を観たのだ。

『ある男』
別人として生きることしかなかった苦しみ。
自分を見失いながら自分を見つめ直していく。
監督:石川慶
出演:妻夫木聡 , 安藤サクラ , 窪田正孝

 

予告編

 

 

解説

 
妻夫木聡、安藤サクラ、窪田正孝が共演したヒューマンミステリー。

 
芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラーが原作。

『ある男』
平野 啓一郎 (著)

Amazon

Kindle

監督を『蜜蜂と遠雷』『愚行録』の石川慶が務める。

脚本は『マイ・バック・ページ』などの向井康介。

弁護士・城戸を妻夫木聡、依頼者・里枝を安藤サクラ、里枝の亡き夫・大祐を窪田正孝が演じた。

第46回日本アカデミー賞では最優秀作品賞を含む同年度最多の8部門(ほか最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞、最優秀録音賞、最優秀編集賞)を受賞。

2022年製作/121分/G/日本
配給:松竹

 

あらすじ

 
弁護士の城戸章良(妻夫木聡)は、かつての依頼者である谷口里枝(安藤サクラ)から亡き夫・大祐(窪田正孝)の身元調査をして欲しいと奇妙な依頼を受ける。

離婚歴のある彼女は子供と共に戻った故郷で大祐と出会い、彼と再婚して新たに生まれた子供と四人で幸せな家庭を築いていたが、大祐が不慮の事故で帰らぬ人となった。

その法要で疎遠になっていた大祐の兄・恭一(眞島秀和)が遺影を見て大祐ではないと告げたことで、愛したはずの夫が全くの別人であることが判明。

城戸は大祐と称していた男の素性を追う中で様々な人物と出会い、他人として生きた男への複雑な思いを募らせていく。

 

感想

 
今年のアカデミー賞を総ナメにした本作を観てみることに。

窪田正孝演じる谷口大祐が事故死したことで谷口大祐本人ではなかったことが明るみになり、その真相を突き止めていく物語なのだが、そこには「自分の過去を消したい」「自分の存在を書き換えたい」という切なく哀しい人生が見えた。

谷口大祐として新たな人生を歩んでいた彼自身は死刑囚の息子という十字架を背負い、苦しみの中で生きてきて戸籍を書き換え別人として生きるしかなかったのだろう。

本来は息子には何の罪もないことなのに、世間の偏見に悩まされ、父親と瓜二つの顔に苦しめられてきたのだ。

何の隔たりもなく日常を送っている者にとっては、自分の戸籍を書き換えたい苦しみに悩むことはない。しかし世の中には社会から疎外感を感じる者がいて、逃げ出したい日常を送る者がいることを本作を観ることで気付かせてくれる。

彼らが戸籍を書き換え、別人として生きて、ささやかで温かく幸せに暮らすことを、そっと許してあげて欲しいという気持ちが芽生えてくるのだ。

安藤サクラ演じる妻の里枝も子供たちも決して彼を責めようとはしない。家族想いで優しかった彼を大事に想い感謝している。

妻夫木聡演じる弁護士の城戸は、谷口大祐の真相を追えば追う程に彼の切ない物語が垣間見えてくる。

やがて城戸も一見幸せに暮らしている現在の暮らしの中で、少しずつ何かがほころび始めて自分を見失いながら深く見つめ直していく。

アカデミー賞の最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞を受賞した役者陣の繊細な演技は素晴らしい。

感情を露わにしない終始抑えた演技でありながらも、感情の揺れ幅を見事に演じている。

またマグリットの絵画『複製禁止』も印象深い。ラストは城戸の後ろ姿と『複製禁止』が重なっていく。

城戸は城戸であることに揺らぎ、別人の人生を歩むことに惹かれてしまうのだ。

世の中には自分の素性を隠したくて別人として生きていきたい人がいることを知った作品であった、といったところで「カット、カット」。

 

関連記事

  1. 『ズートピア』『花とアリス殺人事件』を観たのだ。

  2. 最近観た映画4本。素晴らしい監督たち。

  3. 最近観た映画4本。どれも素晴らしい。

  4. 映画『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『Ribbon』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 『空母いぶき』『ストレイト・ストーリー』を観たのだ。

  7. 最近観た映画4本。『ゆきゆきて、神軍』『カリートの道』他

  8. 映画『記憶にございません!』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP