注目の記事 PICK UP!

一切宣伝なし!宮崎駿監督新作『君たちはどう生きるか』

崎駿監督の新作アニメーション映画が遂に今年、来月の7月14日に公開予定なのだが一切の宣伝がされていない。

 

一切宣伝なし!宮崎駿監督新作『君たちはどう生きるか』

 
現時点で僕たちが知りえている情報は、このポスターのみだ。

スタジオジブリではなかったら、宮崎駿監督作品ではなかったら、「フツーにつまんなそう」だからな!

大体、一部の人たちにしか宮崎駿監督の最新作が来月に公開するなんてことも伝わってないだろう。

そう、プロデューサーの鈴木敏夫さんが文藝春秋の動画内で「宣伝は一切しない」と発表したのである。

「今まではジブリという会社を運営しなきゃいけなかった」ということで宣伝活動にも注力をしてきたが、今回ばかりは「宣伝しません」スタイル。

情報過多の今の時代に、一切の情報を排除した本作は余りにも情報不足だ。

ポスタービジュアル一枚だけでは流石に不親切ではないか。

確かに「面白どころを詰め込んだ」予告編には疲弊するところもあるが、予告編もないなんて、そんな強気の姿勢で大丈夫なのか。

本編よりも予告編の方が面白いモノが多い映画が乱立しているのは否めないが、観客を呼び込むためには致し方ない手段なのではないか。

以前のジブリ映画の醍醐味としては、TVCMで予告編をバンバン流し、企業とコラボして、アニメが完成するまでのメイキング映像なんかもバッチリと用意周到に公開していたではないか。

煽られて煽られて、僕らは胸を躍らせ劇場に足を運んだのである。

「予告編を3つ観たら物語が分かった」なんてのは笑い話のようで笑えない話。

「観客の楽しみ」を逆に奪ってしまうのが予告編であるならば、観客のことを想って予告編を作らないことが観客の楽しみを増幅させるものかもしれない。

しかしそれはスタジオジブリという強者だから為せる業!

無名の人たちが「誰も知りえない」映画を一切宣伝しなかったら、そりゃ誰にも知られない。公開した後に、よっぽど面白くてSNS等でバズッたら別だが、そんなのは夢の話。

「一切宣伝なし」と謳った『君たちはどう生きるか』が、逆に話題になり皆の期待感を膨らませるのは事実。

だけどかなりの博打であることは間違いない。

感度の高い映画好き界隈の人たちは劇場に足を運ぶかもしれないが、殆どの人たちには先ず「知られなければ」意味がない。知らないものを観に行くことが皆無であるように、知ってもらう努力は怠ってはならないのではないか。

THE FIRST SLAM DUNK』が少ない宣伝効果で大ヒットになったのは事実だが、『SLAM DUNK』自体は有名なコミックである。

SLAM DUNK』が全く知られていない状態で映画が作られたのなら大ヒットには至らないはず。

THE FIRST SLAM DUNK』はSNSで評判も良く旋風を巻き起こしたことに揺るぎはないが、『君たちはどう生きるか』が同じ道を辿るかは分からない。

スタジオジブリ最新作!!宮崎駿監督最後の作品(実際に最後ではないかもしれないが)!!と大々的に謳って派手に宣伝した方が良かったのではないか。

公開前から期待を煽り話題を提供して宣伝しまくった方が大ヒットを見込めたのではないか。

さて凶と出るか吉と出るか。『君たちはどう生きるか』の公開を楽しみに待ちたい。

関連記事

  1. ドラゴンボール VS ワンピース

  2. AI美空ひばりは、果たして冒涜なのか?

  3. コロナ問題。「僕たちは一体、いつ美術館に行けるのか?」

  4. 屏風絵で読み解く「長篠の戦い」

  5. コメディー映画は難しいのか?喜劇映画論。

  6. アーティストの引退と生き様の美学

  7. 演劇や映画の現場でのパワハラ、セクハラ問題について。

  8. 【With Corona】-コロナでの外出自粛からの表現者たち-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP