注目の記事 PICK UP!

映画『この子は邪悪』ネタバレ・あらすじ・感想。

んな邪悪が待ち受けているのだろうかと気になり本作を観たのだ。

『この子は邪悪』
奇妙な一家の設定が良い。
「この子は邪悪か?」。
監督:片岡翔
出演:南沙良大西流星桜井ユキ

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

解説

 
違和感のある家族との暮らしを描いた南沙良が主演を務めたサスペンス。

 
企画コンテスト『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017』で準グランプリを受賞した『ザ・ドールハウス・ファミリー』を映画化。

出演は「なにわ男子」の大西流星、玉木宏、桜井ユキ。

『町田くんの世界』等の脚本家・片岡翔が監督・脚本を務める。

2022年製作/100分/PG12/日本
配給:ハピネットファントム・スタジオ

 

あらすじ

 
心理療法室の院長・窪司朗(玉木宏)の家族はかつて交通事故に遭い、娘である花(南沙良)に外傷はなかったものの、司朗の足には後遺症が残り、花の妹は顔に重度の火傷を負い、花は心に深い傷を抱えていた。

そんなある日、花は自身の母の心神喪失の原因を探る高校生の四井純(大西流星)と出会い、二人は親しくなっていく。

また昏睡状態だった母(桜井ユキ)が5年ぶりに目を覚まし、司朗が家に連れて帰ってくる。花は母にどこか違和感を抱くのだが・・・。

 

感想

 
警察等が入り込む大掛かりな事件にせず、不審に思った大西流星演じる高校生の純君と奇妙な一家との物語での設定は非常に良い。

警察が絡んで一家の真相に迫っていく等の展開になると、リアルに体感することが出来なくて物語に没入しずらい。

高校生の男の子が単身で一家の謎に迫っていくことで、まるで自分事のように恐怖体験を味わいやすくなる。

一家を襲った交通事故の悲劇がきっかけで幸せに暮らしていた家族に異変が起きてしまい、「もう一度、家族皆で幸せに暮らしたい」そんな願いが奇妙な一家を作ってしまった。

父親役の玉木宏が演じる司朗のやりきれない気持ちは計り知れず擁護するわけではないが、玉木宏のような心理療法の能力があれば、その願いのために悪用してしまう気持ちも理解出来なくはない。

南沙良演じる花の妹は事故で顔に火傷を負ってしまったために仮面を付けて生活している。その奇妙さはビジュアル的にも良く、仮面の妹が一人いるだけで家族の不気味さは際立つ。

母親役の桜井ユキは完全に別人の姿で5年間の昏睡状態から帰宅して、妹や父親が「完全に母親として迎え入れた」時、花の動揺や混乱は「え?本当にお母さんなの?」と強引に信じ込んでいくしかない。信じてしまった方がラクなのかもしれない。

ニセモノの新しい家族の絆がいびつなカタチをしながら形成されていく。

全ての謎が解け命尽きてしまう父親は最後まで家族を想い「私が自殺したと言え」と残す。愛情深き父親の悲しみが何とも切ない。

ラストの「この子は邪悪」とのオチは、いささか納得出来ない。

「え?邪悪なの?」、むしろかなり被害者ではないか。父親とニセ母親との間に生まれた子供は、周囲がしっかりと配慮してケアしていってあげなきゃいけないんじゃないの?全く罪のない赤ん坊に「この子は邪悪」という視点を向けて接することは非常に可哀想。周囲の大人たちの方が邪悪ではないか。

そもそも本作において「邪悪な子はいただろうか?」。子供たちは皆邪悪ではなく、都合勝手な大人の被害者ではないのか。

設定は非常に良く桜井ユキの目ん玉ギョロギョロも恐ろしかったが、不気味感が醸し出されていた割に怖い展開が少し物足りなかった、といったところで「カット、カット」。

 

関連記事

  1. 映画『ソワレ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. ドラマ『罠の戦争』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. ドラマ『坂の途中の家』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『ある母の復讐』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『としまえん』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. Netflixドラマ『FOLLOWERS』蜷川実花監督。ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 『山田孝之のカンヌ映画祭』クッソ面白かった!

  8. 最近観た映画4本。『誰も知らない』『十三人の刺客』他

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP