注目の記事 PICK UP!

『天使鬼』

の生えた鬼、そいつは天使鬼。

左手では赤ん坊を抱きニコニコとあやして、右手では金棒を持って人をぶっ叩いている。

天使なのか、鬼なのか、どちらでもなくて、どちらでもあるのか。

それはまさしく俺たち人間のようだ。

俺たちは天使のようでもあり、鬼のようでもある。

良いこともすりゃあ悪いこともする。

優しくもすれば意地悪もする。

正直でいたり嘘をついたり。

人間はとても曖昧な生き物だ。

自分自身さえもよくわからねぇのに、他人なんて信用できやしねぇ。

天使鬼はそんな生き物の象徴だ。

赤ん坊を可愛がりながらも、絶えず誰かと争っている。

愛の言葉を囁きながらも、陰口ばかり叩いてる

作品『天使鬼』

001 (2)

 

関連記事

  1. 『天使鬼』『マック』『ハゲ野原』

  2. 『異物混入』

  3. 『プライベートニュース』一人自主映画 新横山祐樹

  4. 『殺人の美学』一人自主映画 新横山祐樹

  5. 『地獄カタルシス』一人自主映画 新横山祐樹

  6. 『君への記(しるし)』一人自主映画 新横山祐樹

  7. 『HELP!』一人自主映画

  8. 『雨』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP