注目の記事 PICK UP!

『岡本太郎記念館に行ってきたのだ!』東京アート巡り・その②

っと行ってきたのだ。念願の岡本太郎記念館。

岡本太郎に魅せられて、岡本太郎にシビレて、岡本太郎に爆発した俺。ついに行ってきたのだ。

俺が行った2/26、この日はなんと岡本太郎の誕生日である。

 

岡本太郎記念館は青山にある。

IMG_0508

やっと来れた!やっと来たぜ!VIVA TARO!

そういった感じで俺は、岡本太郎記念館の前に立った。

門をくぐると、庭には岡本太郎作品がお出迎えをしてくれる。

IMG_0509

その隣には岡本太郎のカフェがあるんだけど、今回は立ち寄らなかった。

入口でチケットを購入して、ワクワクドキドキしながら俺は爆発しそうになる。

ひとまず二階へ行く。

IMG_0514

俺の好きな太陽の塔。

なんだか説明できないんだけど好きなんだな。なんなんだろう。

なんだ、これは!

まさにそう思うね。大阪の万博公園にある実物の太陽の塔は圧巻だったな。

IMG_0516

そうそう岡本太郎記念館は撮影OKなんだ。ありがたいね。

ちょうどこの時は『太陽の塔に対峙せよ!』という企画をやっていた。

FullSizeRender (30)

公募で太陽の塔をモチーフにして芸術品を創り、その中での入選作品が飾られていた。写真撮ってなかったけど・・・ニャハ。

IMG_0517

で、一階に行くとどうよ?太郎さんだよ。

IMG_0518

敏子さんもいるよ。

芸術家にとっては、敏子さんのような理解者がいると最高だよね。ものづくりってのは、すごく孤独だから。誰にも理解されない、認められないという時なんて、いっそ死んでやろうかと思うもんね。・・・ま、今でも俺はそうだけど。だけど俺がまだまだ全然だからそれは仕方ない。もっとね、爆発しなきゃいかんよな。

常識とか概念とかそういったものが、ものを創る時にすごく邪魔になる。子供の描く絵が一番面白いように。大人は発想も何もかもつまんね~からね。

岡本太郎に触れると、自分が子供に戻るんだ。頭で理解しようとするのではなくて肌で感じる。いや、内面から何かが湧きあがってくるんだ。それがフツフツとぐわぁあああああっとなって爆発する。

IMG_0527

なんか心落ち着いて見れなかったな。遊園地みたいな感覚なのかな。

気取って芸術鑑賞している連中がいると笑けてくるからなぁ。

また来ます。また新たな発見があるから。

関連記事

  1. 『ダリ展』鬼才、サルバドール・ダリの世界

  2. 盆栽展に行ってきたのだ。

  3. 絵本『ガシャポン太だ、わ~お!』新横山祐樹

  4. 『小松美羽展』泣けるほどに、気高く、美しい。

  5. 『キングコング西野さん、ホームレス小谷さん』東京アート巡り・その④

  6. 『絵本作家のぶみさんサイン会』東京アート巡り・その⑥

  7. 怒りの『バスキア展』意味不明であった。

  8. 山梨県立美術館、岡本太郎の『樹人』に会いに行く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP