注目の記事 PICK UP!

『アートたけし展だ、コノヤロー!』東京アート巡り・その⑤

ートたけし展だ、コノヤロー!コマネチ!

山手線を4周して、俺が降りたのは有楽町駅。銀座松屋デパートにて開催されている『アートたけし展』を見に来たのだ。

さすがはたけしさんだ。朝10時~の開催で結構たくさんの人がいる。年配の方も多い。いや、愛されているなぁ。

IMG_0579

浦沢直樹展で打ちのめされた俺は、絵を描くことをやめようと思っていたが、

たけしさんの絵を見て「なんでもアリだな!」と、元気づけられた。

たけしさんはアートというものをぶっ壊してやろうという感じがする。お笑いでも、それまでのお笑いをぶっ壊してきたし、映画でも、それまでの映画をぶっ壊してきた。今回、アートもぶっ壊してやろうとしているんじゃないかな。

入口にあった天使の絵はめちゃめちゃキレイで、たけしさんの毒舌キャラとは想像がつかない美しさなんだけど、その他の新作の絵たちは、ピカソを彷彿させるようなアート。原色をめいっぱい使って、たけしさんならではの世界観を思いっきり出している。

岡本太郎は「芸術なんて蹴飛ばしてやれ!」と言ったが、たけしさんもそんな感じがする。

それで俺、元気づけられた。

ものすごく精巧に描かれた芸術品ってのも世の中にはあるが、たけしさんのような何でもアリの自由な表現方法もある。

アートとは、自分だけにしかない表現をすることが大事なんだ。

やっぱ、たけしさんはスゴイ人だな。

FullSizeRender (37)


関連記事

  1. 『芸術を楽しめ!』東京アート巡り・その①

  2. ピカソ展と太郎とゲルニカと芸術の秋。

  3. 『ミレー館』『黄昏の絵画たち』に行ってきたのだ。

  4. 奈良県『喜多美術館』に行ってきたのだ。

  5. 『松本敏裕 ×亮平展 ーそれぞれの表現Ⅲー』父と子の情熱。

  6. 『宮沢賢治展』に行ってきたのだ。

  7. 怒りの『バスキア展』意味不明であった。

  8. 松本亮平展『いきものたちのせかい』それは、生命の物語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP