注目の記事 PICK UP!

文学の風に吹かれて古書街、神保町を歩くのだ!

学の風に吹かれて歩く神保町。

う~ん、実に20年ぶりなのだ。20年前、東京に住んでた僕は、よく神保町をてくてく歩いていたもんだ。

好きなアーティストや映画の本などを買って、ムフフとニヤけて古本を漁っていたのだな。

12日、僕は『ダリ展』をダリダリと観て、「なるほど、ダリダリだな」と刺激を受けて

ca751c79

そっからキングコング西野さんの『えんとつ町のプペル展』で、さらに刺激を受けてプペってドキドキしてきた。

ebff8e62

さて、そこから向かった先は古書街、天下御免の神保町。

fullsizerender-16

神保町に着いた時には、もう辺りは真っ暗。17時にもなると暗くなっちまう、季節。

前日の夜から一睡もせず、食べたものは朝におにぎり二つ。さすがにお腹が空いて、吉牛で豚玉丼を喰らった。

さてさて、とっとと古書店を巡る。営業時間も気にしながらスピーディーに見て回った。

しかしながら断捨離をしているので、コレクションをするために本は買いたくない。

昔の僕なら長渕剛のライブのパンフとか音楽雑誌とか、松田優作の映画雑誌とかね、鼻息をフンフンさせて探したわ。

でももうコレクションはキリがないからイイんだ!

一度集めだしたら終わりがないんだ!

家の中がモノで溢れかえって、仕方ないわ!

だから今の僕は、ちゃんと「読みたいもの」しか買わない。読んでみて、必要なくなったらバイバイ。ずっとバイバイ出来ない本もいっぱいあるけどね。

じゃあ結局、何を買ったかって?三省堂書店で、又吉直樹の『夜を乗り越える』。

107f2623

しかもサイン本。

3c9aa2f7

は?!!ってか三省堂書店って、古本屋ちゃうやん!!

古書街にわざわざ行って、新しいの買ってるやん!

どこでも買えたやつやん!

神保町で、この一冊しか買ってへんやん!

でもね三省堂書店、すんげー人でいっぱいでした。大盛況です。本が好きな人いっぱいいて、嬉しくなりました。レジは長蛇の列ですもん。いや、本当に楽しい書店です。またゆっくりと店内を見たいですね。

それでその後、新宿に行ったのです。そして僕が行ったのはブックオフ。

は??

神保町で古本一冊も買ってないのに

新宿のブックオフ??

ふざけんじゃねーぞ!!

それでここで僕は二冊、本を買いました。

一冊目は、椎名誠の『ぼくがいま、死について思うこと』の文庫本。

9d552f03

20年前、僕は椎名誠の本を読み漁っていました。『黄金時代』という本を読んで、めっちゃ面白くて興奮しまくりました。そして『哀愁の町に霧が降るのだ』や『岳物語』など、私小説を読むのが好きでした。哀愁の町に霧が降るのだ』で住んでいたアパートの小岩を、ウロウロと歩き回ったこともあります。

椎名誠のサイン会に行ったこともあります。

3efa82bb

フツーはニコニコしてサイン会をするものだけど、椎名誠はそんな感じではなく、その威圧感に圧倒されて僕は金玉が委縮しました。

aadaf4fc

椎名誠のあやしい探検隊のビデオを集めたり、椎名誠の影響を受けてこの時期、僕もアウトドアにハマり、キャンプ用品を買い漁ったり、仕事をサボッて山登りをしたりしていました。

その椎名誠も70歳かぁと思い、再び椎名作品を読んでみようと買いました。

二冊目は、ダリ展に行ったということでダリの画集を買いました。

bbca5e76

ちょっと、ダリについてお勉強したいと思います。

神保町の古書街、全然巡ってへんやん!
というツッコミは受け流して、僕のこの日の東京巡りは幕を閉じるのでした。

いやぁ、楽しかった。


関連記事

  1. あけましておめでとうございます 2020年 元旦

  2. 俺のアトリエとスタジオ紹介

  3. 中田敦彦『僕たちはどう伝えるか』講演会に行ってきたのだ。

  4. 高尾山へGO!キングコング西野さん、ホームレス小谷さん。

  5. 富士と海と松

  6. 僕の宝物『Moo.念平先生サイン色紙』

  7. ホームレス小谷さんの小谷家族会議に参加してきたのだ。

  8. キングコング西野亮廣独演会『落語-グッド・コマーシャル-』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP