注目の記事 PICK UP!

短編映画『ブラックマテリアル』一人で撮影した自主映画

、目が覚めたら、死体が転がっていた。

 

現場状況、物的証拠から殺人罪で刑務所で服役した男の復讐劇。

たった一人しか出演しないのに、復讐劇の映画を撮るという挑戦。

 

どうすれば成立するのか?を考える。

 

完成してから、気がついたが、結局、ナレーションで語るわけだから、何でも出来るやん!ってこと。

 

これが一万人との戦いでも、ナレーションで「おれは一万人と戦った」と言えば、いくらでもやりようがあるってこと。

 

しかし、映画としての疑問というか、欠点はやっぱり大いにある。

 

映画は、やはり映像で表現した方がいい。

 

セリフで説明するのなら、映像は必要ない。

 

「おれはヤツを殴った」とセリフで説明するよりも、ヤツを殴ってるシーンを映像で見せればいいのだ。

 

それが映画であるべきだ。

 

と、自分の一人制作映画を否定しても仕方ないのだが、最善の方法を探しながら映画を撮っていきたい。

『ブラックマテリアル』

上映時間11分35秒

関連記事

  1. 短編映画『ダークルーム』一人で撮影した自主映画

  2. 短編ホラー『クリーピーシャドウ』一人で撮影した自主映画

  3. 短編映画『アンチヒーロー』一人で撮影した自主映画

  4. 短編映画『こちら地獄ヶ丘TAXI』一人で撮影した自主映画

  5. 『ROLL BALL SOUL』自主映画

  6. 『ポンと俺のUFO奇譚』一人自主映画

  7. 短編映画『Don’t look away』一人で撮影した自主映画

  8. 一人でスマホで短編自主映画を20本撮った自己解説。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP