注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。またまたタランティーノ作品ばかり。

ランティーノ作品を立て続けに観た。

復讐がテーマなのが多くて、悪いヤツらにとことん悪いことをさせて、後で悪いヤツらを撃ちまくるというのが大体のパターン。

それが面白いんだけど。

『ジャンゴ 繋がれざる者』
展開が常にハラハラする。
固唾を呑む心理戦と銃撃戦!!

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ジェイミー・フォックス, クリストフ・ヴァルツ,レオナルド・ディカプリオ, ケリー・ワシントン

心理戦と銃撃戦がハラハラした。

レオナルド・ディカプリオの悪役っぷりも良かった。

クリストフ・ヴァルツという役者の演技力が素晴らしくてカッコ良かったなぁ。

『イングロリアス・バスターズ』も観たけど、観てる時は同一人物だと気付かなかった。



両方ともクリストフ・ヴァルツの演技が光ってた。

『ジャンゴ』銃撃戦満載で、めちゃめちゃ面白い。

ジャッキー・ブラウン
タランティーノ節を期待すると、
少し物足りないかな。

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:パム・グリア, サミュエル・L・ジャクソン,ロバート・フォスター, ブリジット・フォンダ

ど派手さがないから物足りない感じもするけど、それでもやっぱり面白い。

脚本、演出の巧みさはあるが、しかし二時間半という長さが気になる。タランティーノ作品は大体長くて、どーでもいい会話を長々していたりするけど、ところどころでど派手なアクションがある。

『ジャッキー・ブラウン』に関しては、ど派手さがないので、いささか長いかな。

『イングロリアス・バスターズ』
歴史をひっくり返した、
映画ならではの作品。

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ブラッド・ピット, メラニー・ロラン,クリストフ・ヴァルツ, ミヒャエル・ファスベンダー



ナチス軍とユダヤ人の事を描いた映画だけど、何も歴史通りに進める事はなくて、映画の中だけの物語を描いてもいいわけだ。

最初は堅い話かなぁと思ってたけど、全然ど派手にやってくれた。

クリストフ・ヴァルツは、やっぱり良かった。この人がいたからこそ映画の面白さが際立った。

ラストシーンの展開も良かった。

『デス・プルーフin グラインドハウス』
ハチャメチャな映画で、
出演者全員バカ。

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:カート・ラッセル, ゾーイ・ベル,ロザリオ・ドーソン

カート・ラッセルがすごくイイ。狂った変態オヤジ丸出しだった。

でも、これに出てくる出演者が全員バカ。女の子たちも全員バカでイカれてる。

とにかく車をビュンビュン飛ばして、ガンガンぶつけて暴れまくる。

映像の見せ方も面白いし最後まで楽しめる。

 

関連記事

  1. 最近観た映画4本。またもや園子温監督作品。

  2. 最近観た映画4本。『ボヘミアン・ラプソディ』『クリード 炎の宿敵』他

  3. 映画『ペーパームーン』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『レザーフェイス‐悪魔のいけにえ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『ゴジラ(1984)』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『イコライザー2』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 『ジョーカー』を観てきたのだ。*ネタバレ注意

  8. Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP