注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。またまたタランティーノ作品ばかり。

ランティーノ作品を立て続けに観た。

復讐がテーマなものが多く、悪いヤツらにとことん悪いことをさせて、その後で悪いヤツらを撃ちまくるというのが大体のパターン。

『ジャンゴ 繋がれざる者』
展開が常にハラハラする。
固唾を呑む心理戦と銃撃戦!!

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ジェイミー・フォックス, クリストフ・ヴァルツ,レオナルド・ディカプリオ, ケリー・ワシントン

Amazon

Amazon Prime Video

心理戦と銃撃戦がハラハラして、レオナルド・ディカプリオの悪役っぷりも良かった。

クリストフ・ヴァルツという役者の演技力が素晴らしくカッコ良かった。

『イングロリアス・バスターズ』にも出ており同一人物だと気付かなかったが、両作品ともクリストフ・ヴァルツの演技が光っていた。

銃撃戦満載で最高!

 

ジャッキー・ブラウン
タランティーノ節を期待すると、
少し物足りないかな。

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:パム・グリア, サミュエル・L・ジャクソン,ロバート・フォスター, ブリジット・フォンダ

Amazon

Amazon Prime Video

派手さがないから物足りない感じもする。

脚本や演出の巧みさはあるが、二時間半という長さが気になる。

タランティーノ作品は大体長く、どーでもいい会話を長々していたりするが、ところどころでド派手なアクションがある。

『ジャッキー・ブラウン』に関してはド派手さがないので、いささか長いと感じた。

 

『イングロリアス・バスターズ』
歴史をひっくり返した、
映画ならではの作品。

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ブラッド・ピット, メラニー・ロラン,クリストフ・ヴァルツ, ミヒャエル・ファスベンダー

Amazon

Amazon Prime Video

ナチス軍とユダヤ人のことを描いた映画であるが、何も史実通りに進めることはなく、映画の中だけの物語を描いてもいいわけだ。

最初は「堅い話かなぁ」と思っていたが、全然ド派手にやってくれた。

クリストフ・ヴァルツがやっぱり良く、この人がいたからこそ映画の面白さが際立った。

ラストシーンの展開もGood!

 

『デス・プルーフin グラインドハウス』
ハチャメチャな映画で、
出演者全員バカ。

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:カート・ラッセル, ゾーイ・ベル,ロザリオ・ドーソン

Amazon

Amazon Prime Video

カート・ラッセルがすごくイイ、狂った変態オヤジ丸出しだった。

だが出演者が全員バカで、女の子たちも全員バカでイカれてる。

車をビュンビュン飛ばしガンガンぶつけて暴れまくり、映像の見せ方も面白く最後まで楽しめる。

 

関連記事

  1. 『人間失格 太宰治と3人の女たち』を観てきたのだ。

  2. 映画『死霊のはらわたIII キャプテン・スーパーマーケット』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『ヴィジット』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 最近観た映画4本。『スティーブ・ジョブズ』『漫才ギャング』他

  5. 映画『ゾンビーワールドへようこそ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. ドラマ『梨泰院クラス』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『少年メリケンサック』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『シライサン』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP