注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。『新感染』面白かったじょ。

国映画はパワーがあって面白い。

韓国国内では、映画を作ってもすぐに海賊版が出たり、盗作されるそうで、最初から世界をマーケットに映画を作っている。

日本映画は、国内でマーケットが成立するから、アイドル映画とか漫画の原作ものとか、いつまでたっても幼稚なものを作っている。

日本映画は10億でヒットと言われているから、2億かけて映画作って、10億とか回収出来ればそれでいい。世界なんて全然意識していない。

『新感染』は、すでにハリウッドでのリメイクが決まっているらしい。

呪怨 ザ・グラッジ3
監督は清水崇ではないが、
呪怨の世界観を崩さずに見事に描いた。

監督:トビー・ウィルキンス
出演:マシュー・ナイト, ショーニー・スミス,マイク・ストラウブ, アイコ・ホリウチ, シンバ・ツチヤ

ハリウッド版シリーズ3作目は、清水崇監督ではないため、駄作であろうと危惧していたが、しっかりと呪怨の世界観が描かれていた。

アマゾンレビューを見てみたら、かなりの酷評だらけで驚いた。純粋にホラー映画を楽しもうと期待していた人達にとっては、ハリウッド版は許せなかったのかもしれない。

今作では伽耶子の妹が出てきたり、過去の謎に迫る内容であったが、その割には伽耶子や俊雄くんの描写が希薄であったのは否めない。しかしながら舞台をシカゴに移しても、呪怨の世界観を引き継いでいくのは、かなり難易度の高い挑戦であった。

シカゴを舞台に、皆のイメージが固定化した定番のJホラーを展開していくのは、なかなか出来る事ではない。

過去作のイメージを崩さずに、さらに新しい要素を入れこまなきゃいけない。

佐伯家の過去の惨事と、シカゴでの現在の恐怖がシンクロしていくシーンは良かった。

余談ではあるが、伽耶子の妹役を演じたナオコは英語が堪能で美人で頭の良さそうな顔をしてますが、僕は知らない女優さんでした。


なんと加山雄三の娘だったのですね。

まさかの「カヤコ」ならぬ、「カヤマ」でした。

『新感染 ファイナル・エクスプレス
列車内での密室ゾンビパニック、
優れたアイデアと人間ドラマに拍手!

監督:ヨン・サンホ
出演:チョン・ユミ, コン・ユ,マ・ドンソク, チェ・ウシク

『新感染』というのは邦題で原題は『釜山行き』、どっちもダサイけど新幹線とかけた邦題の方がインパクトはある。僕なら『ゾンビ・エクスプレス』とかベタベタなタイトルにしてしまいそうだけど、興行的な事を考えたら『新感染』の方がイイ。

本作は、そんな列車内で起こるパニック映画であり、ゾンビとは作中では言ってないが、感染する事によって人が狂い出すパニック映画である。先ず、そのアイデアに面白いと思ったし、登場人物の人間ドラマ、人物の背景を描く事で、より映画を魅力的な作品に仕上げていた。

主役のコン・ユは、劇中で人間の心を取り戻していく姿が良かったし、大沢たかおみたいな顔をしているのも親近感が湧いて良かった。

中でもカッコ良かったのがマ・ドンソクで、この男の逞しさ、頼もしさには男でも惚れる、角田信朗みたいな顔で良かった。

感染者に対して、安易描写な拳銃ではなく、木製のバットや拳ひとつで立ち向かう姿には感動した。

この時ばかりは僕も「感染」していた・・・、いや「観戦」していた。

人は極限の状況に追い込まれた時に、その人間の本質や本性が出る。

自分の命を張って愛する人を守る者、他者を見殺しにする者、自分だけが助かればいいと思う者、助け合ってチカラを合わせる者、様々な人間模様が映画で描かれていて、まるで「YOUならどーする?」と問いかけられている気になる。

僕はゾンビ映画を見ると、いつも思うのだが「逃げる」よりも、自分も「ゾンビになる」方がラクだと思ってしまう。逃げ続けたり、戦い続けるというのは、想像を絶する程に極限状態のストレスだ。だから僕は真っ先に噛まれて感染するだろう。

『新感染』とにかく面白かったです。

『トンネル 闇に鎖された男
極限状態での神経と精神、
絶望の中でも希望を捨てない。

監督:キム・ソンフン
出演:ハ・ジョンウ, オ・ダルス,チョン・ソギョン, パク・ヒョックォン

トンネルが崩壊して閉じ込められた男の物語で、幸運なのか不運なのか色んな展開が起こる。不運なのは人為的なミスなどで、主人公が最悪の事態になっていく。でもトンネルがどうしようもない程に崩壊しても、奇跡的に生きていたのは幸運だ。

それにしても出てくるヤツらがアホばかりで、観ていてかなりイライラする。

必ず足を引っ張るアホや、余計なトラブルを引き起こすアホや、間違った判断をするアホが出てくるが、映画として物語上仕方ないが、こんなにストレスが溜まる事はない。

実際にこんな状況下になったら、正気の沙汰ではない。こんな絶望の中で、ずっと希望を捨てずに生きようとした(途中あきらめたが・・・)主人公は凄い。

昔、スタローンの『デイライト』というトンネル崩壊映画を観に行ったが、超人的なヒーローのスタローンが災害に合うのと、一般男性が災害に合うのでは全然違うものだ。

『デイライト』も名作だが、この『トンネル』という映画もオススメです。

『ヴィタール
塚本監督×浅野忠信、
素晴らしき化学反応が起こる。

監督:塚本晋也
出演:浅野忠信, 串田和美, りりィ, 國村隼

塚本晋也と浅野忠信といえば、最近ではスコセッシ監督の『沈黙』で共演していた。

三池監督の『殺し屋1』でも共演していた。

『ヴィダール』は、塚本晋也監督の作家性をふんだんに楽しみ、その映像表現に魅了される。

交通事故により、記憶喪失となっている浅野忠信は、やはりこの役柄を演じれるのは、浅野忠信しかいないといわんばかりの、何とも独特な雰囲気と空気感に魅了される。

塚本監督と浅野忠信が、映画で出会うだけで、素晴らしき化学反応が起こる。

この二人が作品に関わるだけで、映画としての質が上がるのは間違いない。

塚本監督の映像表現は、観ていて本当に楽しい。撮影ひとつ、編集ひとつで、映画の可能性が広がる。紡ぎあう物語が美しく融合するのだ。

関連記事

  1. 最近観た映画4本。園子温監督中毒。

  2. 映画『 ソーシャル・ネットワーク』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『太陽の塔』を観てきたのだ。

  4. 最近観た映画4本。『オールド・ボーイ』で失禁。

  5. 最近観た映画4本。素晴らしい監督たち。

  6. 映画『点』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 最近観た映画4本。『いぬやしき』『タクシー運転手』他

  8. 映画『ボーン・アイデンティティー』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP