注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。全部、喰っちゃうね!

っと観れた。

ここ最近は忙しくて、なかなか時間がとれずに映画も観れなかった。観たい映画がたまりまくりなので、時間を縫って観ていきます。

エレファント・マン
エレファントマンを通して、
人々の心の醜さを描く。

監督:デイヴィッド・リンチ
出演:ジョン・ハート, アンソニー・ホプキンス,アン・バンクロフト



二十歳頃に観た映画だが、あまり覚えていなかったのでまた今回観る事にした。

ジョセフ・メリックという実在した方をモデルに映画は作られている。骨や筋肉が肥大化して変形したりする病気を抱えるがゆえに、エレファントマンは人々の好奇な目にさらされるのだが、実はエレファントマンを通して、人々の心の醜悪さを描いている。

あまりにも残酷で、あまりにも冷酷である人間の心は、顔を隠して生きるエレファントマンにはもちろん何の罪はなく、目を伏せたくなるほどの人間の心に罪がある。

リンチ監督は、その人間の心の醜悪さを、芸術的な映像表現で、観る者の心に問いかける。その映像表現は、安っぽいチンケなものではなく、リンチ監督の独特の空気が作品の説得力を高めて、重く心にのしかかる。

レッドタートル ある島の物語
ジブリ作品としては謎だが、
作品の芸術性は素晴らしくイイ。

監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

「何でこんなものを作ったのか?」「ヒットしないだろ」と、公開時は思っていたが一応観てみようと思った。

物語は「は?何で?」と思ったが、それだけで片付けるには勿体ないほどに、じわじわと素晴らしい作品としてのパンチが効いてくる。台詞がなく説明不要で、物語を映像と音楽で表現していくが、そこには人の想像力を掻き立てるような、人の心に浸透していくような、不思議な感覚のある映画であった。

ジブリ作品としては興行的には大コケであったろうが、ジブリ作品という意識を外せば、かなり良質で素晴らしい作品であったと思える。

コクリコ坂から
毒にも薬にもなりゃしない。
好き嫌いもないフツーな映画。

監督:宮崎吾朗



全然悪くないんだけど、なんか物足りないという。褒める事も、叩く事も出来ない。好きも嫌いもない。美味い料理を食べた時や、不味い料理を食べた時は、それについての感想を語る事が出来るが、あまりにもフツーに何の違和感もなく喉を通った料理には、何の感想も思い当たらない。そんな映画です。

『東京喰種 トーキョーグール』
映像がすごく美しかった。
構図もすごく良かった。

監督:萩原健太郎
出演:窪田正孝, 清水富美加,鈴木伸之, 桜田ひより

漫画もアニメも観ていないままの、実写版での鑑賞です。

東京の夜の街並み、ビル群の風景が非常に美しかった。主人公であるカネキが、グールに襲われるシーンでの構図や、光と影の表現がすごく良かった。色々とイイなぁと思うシーンがあった。

漫画原作なので仕方ないが、まさかのグール視点の映画であり、人間の方が悪者のように描かれていた。人を喰うグール達は、何故か優しいヤツらが多いのに対して、人間側はなかなかの連中。

大泉洋なんて観る前はグールだと思っていたが、人間でやんの。

どう見てもお前、グールだろ?!

清水富美加はグール役で、人を喰らう側だから、「あー、そんな役柄していたら、千眼美子になってしまう気持ちもわかるなぁ」と思った。

本人的には、もっと人を幸せにするような役柄や映画に出たいんだろうから。

人間を喰う時に、「全部、喰っちゃうね!」っていう台詞があったらすごく嬉しかったが、この時はまだ清水富美加の時なので仕方ない。

そこそこ面白かったが、多少テンポやアクションが良くなかった。

この後、アニメ版の予告編を観たら、アニメ版の方がかなり面白そうだった。アニメ版もいずれ観るかもです。

 

関連記事

  1. 映画『GONIN』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『KILLERS キラーズ 10人の殺し屋たち』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。『スリー・ビルボード』『メリーポピンズ』他

  4. 最近観た映画4本。『クワイエット・プレイス』『死霊館のシスター』他

  5. 『ジョーカー』を観てきたのだ。*ネタバレ注意

  6. 映画『三大怪獣 地球最大の決戦』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『呪怨 (ビデオオリジナル版)』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『スターシップ・トゥルーパーズ』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP