注目の記事 PICK UP!

圧巻!!やっぱり奈良の大仏はスゴイのだ!!

ートと言って良いのか悪いのか、奈良の大仏は、その大きさゆえに見る者の心を爆発させる。

岡本太郎の太陽の塔を前にした時のような「なんだ!これは!!」的感覚。

大仏は壮大なアート作品、まさしく圧巻だ!!

初めて見たような感想を述べているが、何を隠そう僕はコテコテの奈良出身。18歳までバリバリ奈良県に住んでいたので、子供の頃から何度も大仏は見ているのだ。

それでも、あらためて目の前にすると、そのド迫力に完全ノックアウト!ノックダウン!!

この日は、大仏を見ることを目的に奈良の街をてくてく歩いた。

そこに立ちはだかるのは、古都奈良を象徴する興福寺の五重塔。塔は仏教の祖釈迦の舎利(しゃり)(遺骨)をおさめる墓標なのだ。

下から地(基礎)、水(塔身)、火(笠)、風(請花)、空(宝珠)からなるものであり、それぞれが5つの世界(五大思想)を示し、仏教的な宇宙観を表しているという。

いやぁ、奈良の景色って本当に美しい。


いざ、東大寺へ!!大仏を拝みに行かんとす!!

「東大寺世界遺産の証」石版の前のちょうどイイところに鹿が座っていて、思わず写真を撮りたくなるのだ。

東大寺!!大仏殿!!

東大寺は奈良時代の代表的な大仏殿であり、世界最大級の木造建築物の寺院である。正式名称を“金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてら)”と言うのだ。

大仏さん!!でけ~っ!!


とは言っても比較する対象物が近くにないから、写真では伝わらないか。

大仏は像の高さ約14.7メートル、基壇の周囲70メートルらしい。

奈良の大仏さんの正式名称は、東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)という。


この日は平日であったが、観光客で大賑わい。特に海外旅行者が多かった。

大仏を見るという目的で、遠方から遥々奈良まで訪れる方も多いのではないだろうか。僕たちがエジプトにピラミッドやスフィンクスを見に行くように(行ったことないけど・・・)。

大仏といえば、手塚治虫先生の『火の鳥 鳳凰編』を思い浮かべてしまう。


何だか『火の鳥』を全巻読みたくなってきたぞ。

やっぱり大きい作品って単純にイイなぁ。迫力がある。

好きだなぁ、大仏。

関連記事

  1. ホリエモン万博に行ってきたのだ。

  2. 写真アートなあの頃のポエムな俺の風景

  3. 俺の宝物『Moo.念平先生サイン色紙』

  4. キングコング西野亮廣独演会『落語-グッド・コマーシャル-』

  5. 富士山、写真アートに挑む!の巻

  6. アート驚く最近の俺のいい買い物。

  7. おとぎ町へピクニック!キングコング西野さん、ホームレス小谷さん

  8. 中田敦彦『僕たちはどう伝えるか』講演会に行ってきたのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP