注目の記事 PICK UP!

映画『キングスマン』ネタバレ・あらすじ・感想。

の中には面白い映画がいっぱいあるもんだ。

まだまだ観ていない作品をどんどん観ていきたい。

キングスマン

残酷だがグロくない。
スタイリッシュなエンタメ作品。
監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファースターロン・エガートンマイケル・ケイン

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞したコリン・ファース主演のマーク・ミラー原作による痛快スパイアクション。

表向きは高級スーツ店だが実は世界最強のスパイ組織「キングスマン」。

ハリーに教えを乞う若きスパイのエグジーを、新星タロン・エガートンが扮する。

マイケル・ケイン、マーク・ストロング、サミュエル・L・ジャクソンらが共演。

監督は『キック・アス』のマシュー・ボーン

2014年製作/129分/R15+/イギリス
原題:Kingsman: The Secret Service
配給:KADOKAWA

 

あらすじ

 
ロンドンの高級テーラー「キングスマン」。

しかしその裏の顔は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関。

ブリティッシュ・スーツをスタイリッシュに着こなすハリー(コリン・ファース)は、「キングスマン」のエリートスパイ。

何者かに惨殺された組織の一員の代わりに新人をスカウトすることになる。

ハリーはかつて命を助けてもらった恩人の息子エグジー(タロン・エガートン)を、「キングスマン」の候補生に抜擢。

一方で、頻発する科学者失踪事件の首謀者でIT富豪のヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)が、前代未聞の人類抹殺計画を企てていた。

 

感想

 
オープニングから非常にカッコ良くてスタイリッシュなアクションに「おっ!」と前のめりになる。

スーツを着こなして髪型を整えメガネをかけた紳士が、色んなアイテムを駆使しながら戦う姿が痛快。

オーバーなアクションでコメディー要素も多く、残酷でありつつもエンタメを大事にしているスパイアクション作品で人の死をグロくは描かない。

縦に真っ二つになった人間も、リアルに表現すれば血しぶきが上がり内臓がドバドバ出てくるはずだが、キレイに真っ二つに割れてマンガチックな描き方をしている。

頭部が爆発するシーンは楽しい音楽とともに美しい花火が上がるという表現をしていて、キューブリック監督の『博士の異常な愛情』のラストを彷彿させた。

エグジーという若者が「キングスマン」にスカウトされて、だんだんと強い紳士に成長していく姿も面白い。

続編も気になるぜ!ってなところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 『山田孝之のカンヌ映画祭』クッソ面白かった!

  2. 明石家さんまNetflixドラマ『Jimmy』を観たのだ!

  3. 最近観た映画4本。面白い日本映画。

  4. 最近観た映画4本。巧みな演出作品たち。

  5. 甲南劇場で『マジカル・セックス 淫ら姫の冒険』を観てきたのだ!

  6. 俺も観ていた『チェイス』配信停止?どーなる??

  7. 映画『ボーン・アイデンティティー』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 最近観た映画4本。借りぐらしのロリータ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP