注目の記事 PICK UP!

Netflix、日本の映画・テレビドラマ制作従事者に10万円支給(NEWS記事)

Netflixが、日本国内の映画やテレビドラマの制作従事者の生活を支援する「Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金」を設立した。


5月22日、Netflixは日本国内の映画やテレビドラマの制作従事者の生活を支援する「Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金」を設立したと発表して、特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)に事務局を委託。    

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、現在世界中で数多くの映画やテレビドラマの制作が延期、もしくは停止を強いられる状況が続いている状況の中、日本国内の映画・テレビドラマ制作に従事する人々のなかでも、極めて生活への影響が大きい人々を短期的に支援するために同基金を設立した。

Netflixは本基金設立にあたり、3月発表のクリエイティブ業界を支える目的で設立した支援基金から約1億円をVIPOに拠出して、Netflix コンテンツ・アクイジション部門 ディレクターを務める坂本和隆氏は「人々に喜びをもたらす作品を届けることが、コンテンツづくりの使命です。これまでNetflixがメンバーに数多くの素晴らしい作品をお届けしてこられたのも、日本の制作関係者の存在があったからこそです。VIPOにご協力を頂く今回の取り組みが、現在大きな打撃を受けている映画やテレビドラマの映像制作に関わる方々の支援に繋がることを願っています」とコメントした。    

VIPO 事務局次長の槙田寿文氏は「特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)は、この度のネットフリックス社の救済基金の趣旨に賛同して事務手続きを代行。

「困難な状況にある映像制作スタッフの皆様の一助となれば幸いです」と述べた。    

申込開始期間は、5月28日 13時頃~6月末日(先着順で応募数が支給可能額に達した時点で募集終了)。

支給時期は申込から2週間程度。支給額(一口)は10万円。支給可能人数は1000人程度。    

支給対象は、国内の映画・テレビドラマ制作に従事するフリーランス・スタッフで新型コロナウイルス感染症の影響による、プロジェクトの延期・停止が証明できる人(Netflixオリジナル作品を除く)。  

対象職種は支給対象者のうち、以下制作・技術部門におけるメインスタッフ、アシスタント、コーディネーターなど。  

・演出部門(助監督など) ・制作部門(制作進行・演技事務・車両担当など) ・撮影部門(特撮・特機・視覚効果など、助手も可) ・照明部門(助手も可)、録音部門(音響・効果など、助手も可) ・美術部門(装置・装飾・衣装・結髪・メイキャップ・ヘアメイク・特撮美術など、助手も可) ・編集部門(助手も可) ・スクリプター部門(助手も可)。  

応募方法は、救済基金ページから応募フォームをクリック。

現在、応募フォームは準備中のため、詳細は後ほど確認を。

 

NEWSについてのコメント

 

もう今のところ動画配信サービスではNetflixにはどこも敵わないんじゃないかな。

ここまでされたらNetflixに対して批判的なヤツは頭くるくるパーでしょ。

Netflixスタッフに保証すると言ってんじゃないから。日本国内のフリーランスの方々とか、Netflixスタッフとは関係のない人たちに向けた支援だから。

日本の政治が何も保証する気がないのか?保証しようとしているのか?不明だが「わざと対応を遅くして潰してしまえば保証しなくていい」という魂胆なのか?とにかく日本はクソジジイ達が政治をやっているから、何ごとにも対応が遅いし手続きがややこしい。わざと対応を遅らせようとやっている感じが否めない。

そのくせ自分たちの保身と税金徴収にはお見事なスピード感でやってのけるから、もう僕たちは日本政府には信用もクソもない。

Netflixは僕も加入していてお世話になっているが、もう「解約しない!」って決意した。

動画配信サービスの中では飛び抜けて凄いんじゃないかな。「カネを取る」ことだけを考えている動画配信サービスばかりだけど、Netflixの対応には頭が下がる思いだ。

それだけの資金源があって儲かっていることってのも事実だし、コロナの影響での「ステイホーム」によってNetflix加入者が増加したっていうのもあるけど。

もちろん日本のスタッフだけではなく、突然職を失ったキャストやクルーを支援するために1億ドル(約111億円)の基金を設けて、Netflixが大きな制作拠点を置く国の職を失くしたクルーやキャストに支援金を提供するサードパーティーや非営利団体に1500万ドル(約17億円)を寄付するとも述べている。

寄付には米国のSAG-AFTRA COVID-19災害基金、Motion Picture and Television基金、 Actors Fund Emergency Assistanceへの各100万ドル(約1億1100万円)が含まれていて、カナダではAFCとFondation des Artistesに計100万ドル(約1億1100万円)が寄付される。

またNetflixを一年間利用していないユーザーには、自動解約をするという「思いやり」まである。

他の動画配信サービスが、「解約手続き」を非常にわかりづらくしていることにも以前から疑問を感じていた。

自社のサービスに自信があれば、「解約手続き」はトップページの前面に表示されていてもイイはずなのだ。

そんなバカはいないとは思うけど、Netflixの悪口は言わないで下さい。

もし悪口を言う人がいるならば、Netflixが支援する以上の支援をしてあげて下さい。

ZOZOの元社長の前澤さんがシングルで子育てをしている方に支援をしようとして批判されていたけど、批判する方は「前澤さん以上の支援を出来る方」です。誰一人救えないクセに、他人の足を引っ張ることだけにエネルギーを費やす愚かな人はクソ以下でしょう。

結果的にNetflixに支援されたスタッフ達は、絶対的にNetflixに加入するんじゃないだろうか。

関連記事

  1. 『クワイエット・プレイス』続編の米公開日が決定(NEWS記事)

  2. 『HOKUSAI』ティザー・ヴィジュアル&特別映像公開(NEWS記事)

  3. 動画配信サービス『ディズニー+』が契約者数2800万人を開始3ヶ月で突破!!(NEWS記事)

  4. バンクシーなら落書きも合法?東京都の矛盾対応(NEWS記事)

  5. 長渕剛、21年ぶり映画主演。20年公開『太陽の家』(NEWS記事)

  6. 2019年(第42回)日本アカデミー賞受賞結果!(NEWS記事)

  7. 安藤サクラ、朝ドラ史上初の新米ママヒロインに!(NEWS記事)

  8. コロナショックで映画館も苦境に陥る(NEWS記事)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP