注目の記事 PICK UP!

2020年(第43回)日本アカデミー賞受賞結果!(NEWS記事)

43回日本アカデミー賞の授賞式が6日、都内で行われた。

今回は『新聞記者』と『キングダム』『翔んで埼玉』が席捲したカタチとなった。

第43回日本アカデミー賞最優秀賞

 

作品賞

『新聞記者』

Amazon

Amazon Prime Video

 

主演男優賞

松坂桃李『新聞記者』

主演女優賞

シム・ウンギョン『新聞記者』

助演男優賞

吉沢亮『キングダム』

助演女優賞

長澤まさみ『キングダム』

監督賞

武内英樹『翔んで埼玉』

 

アニメ作品賞

『天気の子』

Amazon

 

脚本賞

徳永友一『翔んで埼玉』

 

外国作品賞

『ジョーカー』

Amazon

Amazon Prime Video

 

音楽賞

RADWIMPS『天気の子』

 

撮影賞

河津太郎『キングダム』

 

美術賞

斎藤岩男『キングダム』

 

録音賞

久連石由文『蜜蜂と遠雷』

 

照明賞

対象者なし

 

編集賞

河村信二翔んで埼玉』

 

 

NEWSについてのコメント

 
『新聞記者』が作品賞、主演男優賞、主演女優賞の最優秀賞に輝いて、作品を観ていないので何とも言い難いが、松坂桃李さんはメキメキと、この数年役者としてのキャリアを着実に歩んでいる。

昨年は『孤狼の血』で最優秀助演男優賞を受賞したので絶好調で、テレビドラマで活躍するというよりは映画で華々しい活躍をしている。

助演女優賞のシム・ウンギョンさんは、勉強不足で全く知らない。

政治的には日韓の関係は良くないけど、映画では国際問題等は無関係にキッチリと韓国の女優さんが評価されて良かった。

アメリカのアカデミー賞では作品賞に韓国の『パラサイト』が選ばれるわけだから、それも当然な話である。古い体質や利権、悪しき風習は今後も改善されていくべきである。

『キングダム』は観たけど、漫画実写化作品としてはキャスティングも良かったしフツーに面白かった。

映画も大ヒットしたし続編も決定してるので、この受賞がさらなるヒットに繋がればいいと思う。

Check!!

 

監督賞は『翔んで埼玉』の武内英樹監督。

この映画も大ヒットしたし、監督の手腕はお見事だったと言える。

僕も映画を観たがコメディー映画として非の打ちどころがなかった。

おバカ映画って、バカをすればいいってわけではなくて非常に難しい。どうしても空回りしてしまって観ている方は寒くなってしまう。

『翔んで埼玉』は寒くなりそうな作品を、独特の世界観で笑いを生んだ。

GACKTや二階堂ふみの非現実的な世界と、埼玉に住む親子の物語を重ね合わせることで、ボケッぱなしの世界に「ツッコミ」を入れることも出来たし、そのテンポや間が絶妙に良かったのは監督の演出が巧かったからだ。

Check!!

 

アニメ作品賞は『天気の子』だけど、対抗する他のアニメ作品が思い浮かばない。

ジブリ映画が公開されなくなった現在、しばらくは新海誠監督の独壇場だろう。

Check!!

 

外国作品賞は『ジョーカー』であるが、『パラサイト』は日本公開が遅かったからノミネートにも出来なかったのだろう。

『ジョーカー』は話題も大きかったし、日本でも大ヒットして、作品もインパクトが凄かったので文句なしの受賞といったところ。

Check!!

 

とりあえず僕は『新聞記者』を近いうちに観ようと思う。

関連記事

  1. 『クワイエット・プレイス』続編の米公開日が決定(NEWS記事)

  2. ディカプリオ×タランティーノが再タッグ(NEWS記事)

  3. 「太陽の塔」内部公開迫る!1月19日、一般予約開始(NEWS記事)

  4. 「第28回東京スポーツ映画大賞」授賞式(NEWS記事)

  5. 東スポ映画大賞ノミネート「アウトレイジ 最終章」4部門(NEWS記事)

  6. 2019年(第42回)日本アカデミー賞受賞結果!(NEWS記事)

  7. パリ・コレに長渕剛が登場?(NEWS記事)

  8. オイラも予約した『長渕剛』バンダイスピリッツがフィギュア化!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP