注目の記事 PICK UP!

ディカプリオ×タランティーノが再タッグ(NEWS記事)

オナルド・ディカプリオが、クエンティン・タランティーノ監督の新作に出演する予定であることが明らかになりました。

作品の詳細は発表されていませんが、タランティーノ監督は11月、チャールズ・マンソン率いるカルト集団マンソン・ファミリーが女優シャロン・テートさんらを殺害する事件を起こし、全米を震撼させた1969年夏が舞台になると話している。

ディカプリオが演じるのはマンソンではなく、年老いて引退した俳優の役だという。

配給はソニーピクチャーズで、公開は2019年8月9日の予定。

これは楽しみなニュース。

何を隠そう、タランティーノ作品を観だしたのは、昨年からという僕ですが、タランティーノ監督作品は全部観ました。

そして僕の好きな監督の一人になったわけですが、面白いんだけど作品が三時間近くあったりするものが多いので、観るまでに気持ちの覚悟がいるわけです。やたらとセリフが多くて、どーでもいいような会話を延々と続けていたりする。まぁ、そこがタランティーノの魅力のひとつでもあるのですが。

もうちょっと、二時間位にして欲しいですね。「二時間じゃ足らんティーノ」とか言うくだらないダジャレは無用です。

ディカプリオ云々というよりは、誰がキャスティングでも、どんな内容でも、早くタランティーノの新作を観たい。

関連記事

  1. 日本映画監督「ロイヤリティ1.75%は世界最低」(NEWS記事)

  2. 『ランボー』最新作!6月12日公開決定!(NEWS記事)

  3. <ジブリ美術館>「毛虫のボロ」3月公開(NEWS記事)

  4. 4月6日公開映画「クソ野郎と美しき世界」あらすじ発表(NEWS記事)

  5. 7億円のゴッホの絵、盗難。新型コロナで休館中の美術館。(NEWS記事)

  6. 2017年の日本公開映画「美女と野獣」が興行収入トップ(NEWS記事)

  7. 2019年(第42回)日本アカデミー賞受賞結果!(NEWS記事)

  8. 新海誠監督『天気の子』予告篇が解禁!!(NEWS記事)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP