注目の記事 PICK UP!

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』ネタバレ・あらすじ・感想。

ョーカーと別れたハーレイ・クインが大暴れ!ってことで観てみた。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』
ハーレイ・クイン自身の解説は逆効果?
アクションもフツーだったかな。
監督:キャシー・ヤン
出演:マーゴット・ロビー,メアリー・エリザベス・ウィンステッドジャーニー・スモレット=ベル
 

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
スーサイド・スクワッド』に登場したことで、世界的に人気を集めたマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインが主役のアクション映画。

マーゴット・ロビーが『スーサイド・スクワッド』で、自身の当たり役となったハーレイ・クインを再び演じる。

敵役となるブラックマスクをユアン・マクレガー。

初長編作『Dead Pigs』がサンダンス映画祭で注目された新鋭女性監督キャシー・ヤンが監督を務める。

2020年製作/109分/PG12/アメリカ
原題:Birds of Prey: And the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn
配給:ワーナー・ブラザース映画

 

 

あらすじ

 
ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)はジョーカーと別れて、束縛から解放され、街にはびこる悪党が敵意を持つほど暴れまくっていた。

謎のダイヤを盗んだ少女を巡り、裏世界を支配するサイコパス、ブラックマスク(ユアン・マクレガー)と対決することになった。

そしてハーレイ・クインは、くせ者ばかりを集めてチームを作り上げる。

 

感想

 
ジョーカーと恋人であったが別れたというハーレイ・クインということだが、元カレがジョーカーであるという設定から恐ろしい女であることは間違いない。

ハーレイ・クインによるナレーション解説で繰り広げられる物語だが、「ぶっとんだ女」を描くのであれば逆効果ではないか。

「ぶっとんだ女」は周囲から見て「ヤバイぞ、この女・・・」と思わせることが大事だが、ハーレイ・クイン自身が事件の解説や登場人物の解説を始めちゃったら、軸がハーレイ・クインにあるわけだから、「まとも」に見えちゃう。

ヤバイ女であることは物語を通して理解できるが、「何をしでかすか、わからない」ジョーカーには劣るだろう。

ヤバイ女である登場人物もわんさか出てくるので、ハーレイ・クインが特別にヤバイわけでもない。そういうヤツがいっぱいいる世界の物語と認識するほかないのだ。

アクションシーンもあるが、特別に凄いアクションがあるわけでもない。至ってフツーのアクションである。

奇抜なファッションやハーレイ・クインとヤバイ女をキュートな女優が演じることで、「悪い」が「どこか憎めない」キャラを作り出したが、僕は「もっと大暴れしてくれること」を期待していたのだ。

つまらないわけではないが期待値のハードルを越えてくることはなかった、ということで「カット、カット」。

関連記事

  1. 最近観た映画4本。巧みな演出作品たち。

  2. 映画『フェイス/オフ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『詩季織々』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 最近観た映画4本。それぞれの見せ方、スタイル。

  5. 映画『海獣の子供』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『凪待ち』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『ハロウィン(1978)』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP