注目の記事 PICK UP!

短編映画『KILLING EVERYBODY』一人で撮影した自主映画

かなかの難産であった。

KILLING EVERYBODY

 
誰が決めたわけでもなくて、週に一本映画を作るという自分のペースでやっているわけなのだが、直前まで何もアイデアがないこともある。

しかし週刊連載の漫画家の方に、そんな理由が通用するだろうか。

多くのクリエイターが締め切りに追われながらも、自分の作品を披露しているのである。

そりゃ、みっちり時間をかけて練りまくりたい時もあるだろう。こだわりまくりたい時もあるだろう。

今回アイデアが浮かばなかったが、撮影しならも手探りで撮影していたのである。

「これは、どえらい駄作になるぞ~」と思いながら、作品を撮っていたのも事実だ。

短編映画であるのをイイことに、物語も非常にシンプルだ。

シンプルであるからこそ、演出で個性を出すしかない。

人を殺しまくる映画でありながら、「楽しそうに人を殺す」という映画を撮りたかったのだ。

殺人そのものを楽しんでいて、「殺人こそがエンターテイメントだ!」と思っている。

いわゆる殺人鬼映画のように、急に襲いかかったりしない。

逃げ惑う人を追いかけまわして殺したりするタイプではない。

真正面から対峙して、殺人ゲームを楽しむのである。

殺人の凶器を選び、「どの凶器で人を殺そうかなぁ」とほくそ笑んでいるのだ。

怯える人を見て快楽を感じて、苦しむ人を見て歓喜する。そして、人の死で絶頂に達するのだ。

さぁ、どんどん殺そうではないか。

ミ・ナ・ゴ・ロ・シよ!

欲求は止まらないのである。とどまる事を知らないのだ。

次から次へと湧いて出てくる、人殺しの欲求。もう、止められない。どうにも止まらない。

「ウラララ・・・ウラララ・・・ウラウララ・・・、どーにも止まらない!」

殺人というものは誰しもがイケナイものだと認識している。

だが娯楽映画は何故か「殺人もの」が多いではないか。

深刻な顔をした殺人ものならまだしも、『ダイ・ハード』や『ジョン・ウィック』では、どれだけの人が死ぬのか?

そんな映画を観て僕たちは「面白かったぁ~!」!と笑っているのだ。

人が沢山死んでいるのに、どんな神経しているんだよ。

『KILLING EVERYBODY』は殺人をエンターテイメントにした映画です。

 

さぁ、殺人ゲームが始まるわよ~!!

イッツ、ショータイム!!

うひゃひゃひゃひゃひゃ。

それでは、『KILLING EVERYBODY』をご覧ください。

 

『KILLING EVERYBODY』

上映時間5分1秒

関連記事

  1. 短編映画『ハッピー・タランチュラ』一人で撮影した自主映画

  2. 『魔界の君に、恋をした。』一人自主映画

  3. 短編映画『アンチヒーロー』一人で撮影した自主映画

  4. 短編映画『HELP!』一人で撮影した自主映画

  5. 『ガムテリアン』一人自主映画

  6. 『だるま』

  7. 短編映画『Deathloop』一人で撮影した自主映画

  8. 短編映画『金色の片想い』一人で撮影した自主映画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP